保険の解約は計算して判断、でもその計算方法は正しいですか?


多くの人は何かしらの保険に加入していると思います。そして何年か加入しているともっと安い保険が見つかって解約して乗り換えようか考えるそんなタイミングがあります。

どっちの保険の方が安いのか計算するための方法がネットに書いてあったりします、ただ保険というのはけっこう仕組みが複雑です、そのため素人が自分で計算して本当に損得を判断できるのか怪しいです。

得すると思って乗り換えたら実は損していたそんな話も多いんです、保険の解約のために損得を計算している人に知っておいてほしい事があります。

目次この記事に書かれている内容は…

保険の解約の計算

保険を解約して乗り換えようか考える時に計算するのは保険料についてでしょう。ネットのシミュレーションが出来るサイトで調べると別の保険にしたら毎月何千円も安くなるそんな見積がでる事があります。

他のパターンでは営業の人に言われて安くなるからと乗り換えを考える人もいます。

ただ本当に単純に計算して安くなるからといって乗り換えて得をするのでしょうか、保険というのはそんなに単純なものではありません。

単純なシュミレーションではわからない部分もあります、それに営業の人は「保険を売るプロ」ですし特定の保険を売りたいのでメリットをうまく伝えようとするでしょう。

保険解約の計算方法のコツ

保険を解約して得するか損するかは自分の置かれた状況が複雑に絡み合ってきます。例えば仕事を変えた場合にはあなたにあった保険も変わるはずです、大きな病気をした後では入れるプランが変わったり料金が変化したりします。

その他にも結婚したらどのプランがいいのか、出産したらどのプランがいいのかなど複雑です、そのため素人が自分で計算方法を調べて検討しても正直あまりあてには出来ません。かといって保険の営業の人は売るのが仕事なのでそこまで公平に提案してくれる保証もありません。

そこで保険を変える際の大事なコツとしては「自分で判断しない」「営業の人の言う事は鵜呑みにしない」といった姿勢が大事になります。そうしないとプランを変えた後で変えない方が得だったと後悔する可能性もおおいにあります。

では自分で判断しない、営業の人のいうことも鵜呑みにしないならどうすればいいでしょうか。答えは「公平な立場でアドバイスしてくれるプロに任せる」です。いわゆるファイナンシャル・プランナーに相談するのがベストです。

もちろん彼らはプロですからあなたの現状からどの保険が最適なのかを正確に判断できます、それはあなた自身が自分で考えた答えよりもおそらく信用できる判断です。

そして特定の会社に縛られないファイナンシャル・プランナーなら公平な立場で意見してくれます。彼らは複数の会社の保険を取り扱うのが普通なので「この会社のこのプランを売り込んでやろう」という考えがありません。

まとめ

保険を解約するなら自分で計算せずにファイナンシャル・プランナーに依頼する、これが正解です。

私も以前「保険の森」という会社に相談しました、他の会社に乗り換えたほうが安くなると思っていた時に念のために相談したんですが病気を経験した私が乗り換えると大きく損をすることを指摘してもらい助かりました。

ネットのシミュレーションでは安くなって得をするはずが自分自身の条件が変わっていたために計算方法が間違っていたんです、この時は本当にギリギリのところで助かりました。

最終的には「いまの保険のままでいるほうが得ですよ」と何も変えない事がベストだとアドバイスをもらいました、まったく売り込みもせずこちらにとってのベストな結論を出してくれたので今でも感謝しています。

「保険の森」は大勢のプロを抱えていて、相談も無料のうえに日本全国に対応してくれるので保険を解約しようかと考えている人には最適です。



月間500件以上の実績★保険の無料相談!【保険相談NAVI】をご入力下さい。