ストレスが仕事でたまり胃が痛い、過食やお酒で発散してはダメな理由

会社勤めをしていると
ストレスなく生きていくことは
ほぼ不可能に近いですよね。

多くの会社員の
共通する悩みだと思いますが
あなたはどうですか?

ストレスに悩まされては
いませんか?

付き合っていくものだ
と思っているかも知れませんね

ただ、付き合っていくために
知っておかないといけない事が
いくつかあります。

長い会社勤めを
乗り越えるために必要な事です

この記事ではその要点を
お伝えします。



スポンサードリンク


ストレスが仕事でたまる時に知っておくべきこと

仕事にストレスはつきものです。

ただ、どう対処すればいいのか
学校でも習ってませんし
多くの人は我流で対応しています。

あなたもそうではありませんか?

ただ我流では
間違った考え方をしている場合も
ありえます。

ストレスというのは
扱い方を間違えると
思っている以上にやっかいです。

では、ストレスと
うまく付き合っていきたい
そんな時に必ず
知っておくべきがあります。

それは
ストレスのダメージは蓄積型
だということです。

どういうことかというと
例えば、嫌なことがあって
それを何度も思い返していると
思い返すごとに
ダメージが蓄積されています。

上司に怒られてダメージ
家に帰る途中に思い出してダメージ
お風呂で思い出してダメージ
寝る時に思い出してダメージ

こんな感じで
どんどん蓄積するのが
特徴です。

つまり
「蓄積してはいけない」
これが知っておきべきことです。



スポンサードリンク


ストレスで胃が痛いは蓄積の証拠

嫌なことがあって
ストレスが蓄積してくると
体にまで影響が出始めます。

よく胃が痛いとかいいますが
これもダメージがたまってきている
その合図だと言えます。

早めの発散が必要になります。

スポーツや遊び
友人や恋人に会う
好きな映画やテレビをみる
好きな音楽を聞く。

こういうこまめな発散を
心がけることが必要です。

ただここでも
あまりやってはいけない
発散法があります。

ストレスは過食で発散してはダメ

やってはいけない発散法
それは過食や飲酒です。

これらは依存性があり
過食症やアルコール依存性などの
別の問題を引き起こす可能性があります。

もちろん適度の食事やお酒は
問題ありません。

ただ、ストレス発散のために
お酒や食事を利用していると
やりすぎてしまい
依存するケースがありえます。

仕事ではストレスを受け続けるので
お酒や食事による発散を
やり続けることになりかねません。

続けていると
はまりこんで抜けられなくなるので
依存性のない楽しみ
例えばスポーツや友人との会話などで
発散するのが大切です。

まとめ

ストレスは仕事をしていると
避けることはできないものです。

仕事をしている以上は
何十年も付き合っていかなければ
なりません。

ただ、その特徴と正しい対策
これを知っておけば
うまく付き合って行けます。

自分がストレスを感じやすい
そう思っている場合には
依存性のない正しい対策を心がける
これを忘れないで下さい。



スポンサードリンク