USJ「バイオハザード3」2015の内容と感想

USJでは2015年のハロウィン期間も目玉企画のひとつとしてバイオハザード3が開催されています。

このアトラクションの内容と感想についてです。



スポンサードリンク


USJ「バイオハザード3」2015の内容

USJのバイオハザード3はゲームの世界を再現した形式のアトラクションです。

ゲームや映画でもお馴染みの荒廃したラクーンシティを抜け出すという設定です。

町を抜け出すといっても実際のゲームでもそうでしたが一番のテーマはゾンビとの戦いです、渡された武器を使っていろんな所に潜んでいるゾンビを倒していくのがこのアトラクションの面白いところです。

USJのゾンビはクオリティが高くリアリティがあると評判です。かなり迫力があります、それにゲームと同じでボスが登場します。普通のゾンビよりもかなり大型で迫力満点です、そんなボスとも戦わないといけません。このボス戦はかなり興奮します。

さらに小道具にも力が入っていて、装着するゴーグルにはライフゲージやアイテムの残数がリアルタイムで表示されアトラクションを盛り上げてくれます。

そしてゲームにもあった救急スプレーやハーブがライフ回復のためのアイテムとして登場、こういったアイテムの活用もクリアには重要になってきます。

ただテレビゲームと大きく違うのはゲームの難易度です。難易度は生還率ほぼ0%と言われるほどの難しさです。ゲーム版は誰でもクリアできましたがアトラクションはほとんどの人がクリアできないほどの難易度に設定されています。

実際のアトラクションでは先導役の特殊部隊の隊員がいて、指示を受けながら進む事になります。そのため進行で迷う事はありませんが結構きつめの口調の隊員さんがいますのでこの点には覚悟が必要です。

USJ「バイオハザード3」2015の感想

大勢の人が体験したイベントなのでいろんな感想があります。感想の内容としてはリアリティ、怖さと難しさ、それに混雑などが目立ちます。

テレビゲームと比べて

・まるでテレビゲームの世界に入り込んで自分自身でゲームをしているような感覚だった。
・ウイルス感染を気にして緊張したり神経を使うのはまさにバイオハザードの世界を忠実に再現している。
・TV画面でしか見ることができないゲームとは迫力が全然違う、断然こっちの方が迫力があった。



スポンサードリンク


ゾンビについて

・ゾンビは結構近くまで来るのでちょっと怖かった。
・薄暗いのでどこにゾンビがいるかわからずにかなり緊張しながら進んだ。ゾンビからの感染にも神経を使った。
・いろんな所に隠れていてビックリする。

アイテムへのこだわりについて

・登場するアイテムが重量感があってリアリティがあった。
・アイテムの使い方にも工夫が必要で簡単ではなかった。
・今回から登場したゴーグルがかっこいい。

怖さについて

・怖くて前に進めなかった。
・女性の人がかなり叫んでいた。
・ホラー系が苦手な人にはかなりきついかもしれない。

難易度について

・焦って攻撃しまくったのがよくなかった。
・最後のパスワードがどうしても解読できなかった。せっかく最後まで行けたのに残念。
・パスワードが検討もつかない。
・生存率が0%に近いのも当然の難易度だった。
・難しすぎてクリアは不可能な作りだと思う。

楽しさについて

・超楽しい、最高だった。
・展開が早いのが面白かったです。
・年々進化しているのを感じる。
・ドキドキしっぱなしだった。

混雑について

・平日でも整理券の確保に30分ほど待った。
・パークのオープン前に行かないと整理券が手に入らない。
・平日でも整理券がお昼くらいに配布終了になっていた。
・整理券があっても待ち時間が長かった。

その他

・カップルばかりのグループに入れられて嫌だった。
・引率役の隊員が迫力あってかなり怖いんだけど。

まとめ

人それぞれ色んな感想があるようですね。難易度は高いがクオリティも高いというのが共通した感想です、ホラーが好きな人なら楽しめます。

新アトラクションの「トラウマ」についてはこちら。
一番怖いと口コミの「エルム街の悪夢」はこちら
新アトラクション「エイリアンVSプレデター」の内容と感想はこちら
新アトラクション「学校の怪談」の内容と感想はこちら



スポンサードリンク