ユニバのトラウマのネタバレ!虫を使ったえぐい仕掛けとは?

ユニバのハロウィンホラーナイトの目玉アトラクションとして新登場した「トラウマ実験病棟」のネタバレ情報のまとめです。

ホラーレベルが前代未聞の10だとか、やり過ぎた虫を使った演出だとか話題になっています。

アトラクションが開始されて一週間たち色んな情報がネット上に出回っていますので信ぴょう性のあるものをまとめました。

一番の話題の虫を使ったえぐい演出についての話もあります。



スポンサードリンク


ユニバのトラウマのネタバレ

ユニバのトラウマはアトラクションに入る前に誓約書を書かされるというので話題になっていました。

トラウマになっても文句は言いませんという主旨の誓約書です、こういう事をさせるのは演出でそれほど実際のところはたいしたことはないと予想する人も開催前は多くいました。

ただ、実際にアトラクションに参加した人たちからは「誓約書はガチだった」という感想ばかりが伝わってきます。

・トラウマを植え付けるアトラクションだ
・軽い気持ちでなめていました、ここまでエグいとは思わなかったです
・カップルで行ってひどい目にあった、彼女の前でカッコ悪すぎる
・R15指定でもゆるすぎる、やばすぎるでしょ
・興味本位で行って失敗した
・泣き叫んだ

「たいしたことはなかった」という感想をほぼ見かけないのがちょっと普通じゃありません。

ホラーレベル10はユニバが煽っているわけではないようです。

そして強要型のアトラクションという形式についても「泣きながら断ったけども・・」と、感想を言っている人が目立ちます。

確かにユニバのホームページにも「強要型ウォークスルー・メイズ」と書いてあります。

ただ、いくらなんでもお客さんにそこまでひどいことは強要しないでしょと普通は思います。どうもこの強要の度合いもかなり度を越してユニバさんがやらかしていることが伝わってきます。



スポンサードリンク


ユニバのトラウマでの虫の使用について

ユニバさんの今回のアトラクションで一番注目が集まっているのが「虫」についてです。

アトラクションの注意書きにも「フォグ・スモーク、ストロボ、水、大音量、暗闇、におい、虫」の特殊効果を使ってますとサラッと書いています。

最後の虫がちょっとおかしいですよね。

そして体験した人達から漏れ伝わってくる情報をまとめると実際に生きた虫を使っちゃってるようなんです。

生きた虫を使うアトラクションなんてユニバ以外ではちょっと聞いたこともありません。

しかもその虫の種類ですがエグい虫の代表格としてだれもが思い浮かぶ「ゴキブリ」を使っちゃってるようなんです。それも大量に使うとのことです。

大量のゴキブリ、そんなのを見せられただけでもトラウマですがそれを強要型アトラクションということで強制的に触らせるとか触らせないとか。

この虫の種類に関してはゴキブリの他にも羽虫、ヤスデ、フナムシなど気持ちの悪い虫が使われているという情報が錯綜しています。

いずれにせよエグい虫しか使われていないようです。それも大量にとのことです。

まとめ

ホラー系のアトラクションというよりも、まったく別のものをユニバさんは作りあげてしまったのではないでしょうか。

まだまだ情報は少ないので興味のある勇者はぜひ体験して自分の目で確かめてきてください。

ちなみに私はホラーが苦手でホラーレベルが3ぐらいで限界を超えますので、このアトラクションには絶対に近づきません。

怖いのが好きな人なら楽しめるのかもしれません。

新アトラクション「学校の怪談」の内容と感想はこちら
新アトラクション「エイリアンVSプレデター」の内容と感想はこちら
人気アトラクション「バイオハザード3」はこちら
一番怖いと口コミの「エルム街の悪夢」はこちら



スポンサードリンク