萩時代まつり2015の日程と内容とおすすめの宿泊施設

山口県を代表するお祭り「萩時代まつり」が今年もせまってきました。

大河ドラマの影響でいつも以上に盛り上がりそうな今年の萩時代まつり。

その日程と時間に今年の内容、そしておすすめする宿泊施設についてお伝えします。



スポンサードリンク


萩時代まつり2015の日程と時間

萩時代まつり2015の日程は11月15日(日)です。

開始時間は朝の8時に平安古備組の萩大名行列が開始されます。

萩時代まつり2015の開催場所とアクセス

開催場所は萩市の各所で開催ですが、中央公園と萩城跡がメインの会場となります。

アクセスは山陽新幹線の新山口駅から70分ほどかかります。新幹線からも時間がかかるため、観光で訪れる場合には前日に現地で泊まることをおすすめします。

萩時代まつり2015の内容

午前中は8時から萩大名行列が行われます。

平安古備組が8時で古萩町大名行列が9時となります。

そして民踊「男なら」が萩城跡で10時、中央公園で11時に行われます。



スポンサードリンク


12時からは萩時代パレードが中央公園から金谷神社にかけて行われます。今年は大河ドラマ「花燃ゆ」の舞台にもなったということで杉寿役の優香さんも萩時代パレードに参加とのことです。

ちなみに14時からはその「花燃ゆ」のトークショーが優香さん参加で中央公園で行われます。

芸能人もやってきていつもより豪華なお祭りになりそうです。

萩時代まつりのおすすめ宿泊施設

萩時代まつりは午前中の早い時間から開催されていること、新幹線からも遠い場所でのお祭りであることから観光で行く場合には前日から現地に入って宿泊することをおすすめします。

そこで最適な宿泊施設といえるのが「和のオーベルジュ萩八景雁嶋別荘」です。

ここはひとり1万6千円以上はするのでちょっと値段は高いんですが、部屋や露天風呂からの景色が素晴らしいんです。

せっかく萩まで行くのならこういうところに泊まるといい思い出になる、そんな場所です。

ただ客室の数が少ないので早めの予約が必要です。特に今年は大河ドラマの影響で部屋がうまりやすいと思います。

まとめ

萩時代まつりに行ってみるなら、大河ドラマで盛り上がっている2015年こそが一番の見頃ではないでしょうか。



スポンサードリンク