冬の脇汗の匂いの原因と対策【男性専用】

男でも脇汗やその匂いが気になることってありますよね。

不潔な男性だと女性から思われたくないですし、同じ男からもくさい奴と思われたくないですよね。

男でも気になるこの脇汗ですが実は夏より冬の方が匂う傾向があり注意が必要だったりします。

このページでは冬の男の脇汗の匂い、その原因と男性専用の対策についてご紹介していきます。



スポンサードリンク


冬の男の脇汗の匂いの原因

脇汗は冬こそ注意するべきと言いましたが、その原因というのはひとつではありません。まずは、男の冬の脇汗の原因についてです。

原因①汗腺の弱体化

汗腺というのが人体にはあります、この汗腺の大事な役割というのは汗の質をコントロールすることです。

汗腺がきちんと機能していれば汗は水分ばかりになりサラサラの汗になります、対し汗腺が弱体化していれば人体にとって必要な塩分も汗と一緒に流れ出ていきベトベトした汗になります。このベトベトした脇汗というのがなかなか乾かずに匂いの原因となります。

汗腺は普段あまり汗をかかないと弱くなります、冬になると普段の生活で汗をかく回数は減ります。さらに運動して汗をかく機会も減る傾向にあるのでこの結果として乾きにくいベトベトした汗になっているわけです。

原因②水分不足

塩分がこくなりベトベトした脇汗になるもうひとつの原因が水分不足です。水分が不足すると汗の塩分濃度はあがってしまいます。

夏と比べると冬はあまり水分をとっていないという人も多いのではないでしょうか。その結果として汗の塩分濃度が夏よりも高くなっているというわけです。

原因③ムレる冬服を着ている

冬服というと寒さ対策として厚着になりますよね。この冬服の特徴は寒さを防ぐにはいいんですが、服の中で脇汗をかいた場合には中でムレるという欠点もあります。

冬服でムレた環境では汗は乾きにくく、雑菌が繁殖していき匂いの原因となっていきます。

冬の男の脇汗の匂いへの対策

男の冬の脇汗やその匂いの原因についてお伝えしましたが今度はその具体的な対策です。これもいくつかあり複数取り組むのが清潔感を保つためには必要です。

対策①加齢臭対策のシャツを着る

男の脇汗の匂い対策の一つ目はシャツ下着です。これは紳士服売り場に行くと最近よくみかける加齢臭対策がしてあるシャツを着ます。



スポンサードリンク


自分はまだ必要ないと思っている人も多いかもしれませんが、こういうシャツは男の匂いをかなり消してくれます。普通のシャツよりも値段が高く設定されているのがちょっとつらいですが周りにくさい奴と思われるよりはましです。加齢臭対策のシャツを使用することをオススメします。

加齢臭対策をしてあるシャツでもまだ足りないという場合には、1日の途中でシャツを着替えるなども検討する必要があります。夕方前などにシャツを着替えるだけでもかなり違います。

対策②脇汗対策グッズの使用

男性にも浸透しつつある匂い対策のグッズがドラッグストアなどに売っています、制汗スプレーや汗をふきとるシートです。

夏には使っている人でも冬には使っていない人が多いのではないでしょうか。たしかにこれらは夏場にこそよく使われるものですが、冬にも役立つアイテムです。

汗ふきシートで仕事の休憩時間などにこまめに脇汗をふくだけでもかなり変わります。冬場の汗は乾きにくく雑菌を繁殖させやすいので、こういうこまめな対策も大切です。

それと、制汗スプレーや汗ふきシートは適当に選ばずに必ず男性専用のものを使ってください。

対策③暖房のきつい部屋に注意する

暖房のきつい部屋というのも冬場にはよく遭遇します。こういった部屋ではコートなどはこまめに脱いで汗をかかないように注意しましょう。

冬場の汗は冬服の中で乾きにくく、匂いが発生しやすいことを忘れてはいけません。

対策④体の匂いをおさえる食事をとる

体の匂いをおさえるといわれている食事をとることも大切です。

大豆製品、緑黄色野菜、食物繊維たっぷりの食品などこういったものは健康にいいだけでなく体臭対策にもなっています。

対策⑤適度な運動

冬にも汗を定期的にかいておくことが対策になります。

適度な運動をして汗をかいておけば汗腺の弱体化を防いで塩分濃度の高い脇汗になることを防止できます。

寒くなると運動から遠ざかりがちですがジョギングなどして汗を流すように心がけてください。

対策⑥水分補給

水分補給も脇汗の塩分濃度を高めないために必要です。冬なので冷たい水はお腹を痛めかねないので、少しあたたかい飲み物で水分は補給してください。

まとめ

男にも気になる脇汗の匂い、冬場のほうが匂いがちなのでご注意ください。



スポンサードリンク