お風呂上がりに体や肌が乾燥してかゆい!その対策とは?

お風呂上がりに体や肌が乾燥してかゆい、そんな悩みはありませんか?特に冬になるとそうなる人が多いです。

私も長年悩んでいましたので、そんな場合の対策についてご紹介します。



スポンサードリンク


お風呂上がりに体や肌が乾燥する原因

お風呂あがりに体や肌が乾燥するのは合成洗剤で体をゴシゴシ洗うからです。

体を洗う時によごれといっしょに保湿成分も流されていきます、そのうえで合成洗剤が肌に合わないと乾燥したとか痒いといった状態となります。

またお風呂に入って体があったまるのも原因のひとつです、体があたたかくなるとかゆみを感じやすいものです。お布団であったまったり暖房のきいた部屋に入った時にかゆみを感じやすいという経験があるかもしれません、それと同じです。

お風呂上がりにかゆい時の対策

お風呂上がりにかゆい時にはいくつかの対策があります。

洗剤を変える

肌にあわない洗剤を変えるとかゆいのが改善することがあります。例えばボディーソープを使っていたら肌にいい石鹸を探して変えるなどです。ボディーソープより石鹸の方が肌にいい傾向があります。

また、いろいろ変えてもダメな場合にはお風呂に入る時に洗剤を2回に1回は使わないというのも方法のひとつです。お湯で体を洗うだけでも洗剤なしでもある程度は綺麗に出来ます。自分にあう洗剤がなければこの方法も考えてください。

体の洗い方を変える

汚れと一緒に体や肌の保湿成分が削ぎ落とされてしまうのを防ぐために体の洗い方を変えるのもひとつの方法です。硬いタオルでゴシゴシと洗っていたのなら柔らかいものに変えるというのもかゆみを改善する可能性があります。



スポンサードリンク


私の経験で一番変化があったのは、手で泡立てて手で洗うというものです。これだと体を優しく洗っているという感覚がありました。

スキンケア用品を使う

自分にあったものをいくつか試していかないといけませんがスキンケア用品を使うのも大事です。

湯船につかるなら湯船にいれるスキンケア乳液のようなものが売っています。

お風呂あがりに何かを塗る場合には、お風呂からあがってすぐにぬるようにするといいです。その際にはただのオイルやクリームではなくて、かゆみ止め効果のあるものを使用しないといけません。

体の内側から改善する

食事も体の乾燥と関係しています。特によくないと言われているのは喫煙やアルコールやアルコールのおつまみなどです。こういったものを減らして体の中から改善するアプローチも大切です。

積極的にとったほうがいいものはバランスのいい食事、コラーゲン、ビタミン、水分です。

もちろん十分な睡眠も食生活と同じくらい大事です。

皮膚科に行く

いろいろ試してもダメだなとなったら、ちょっと面倒ですがきちんと病院に行くことを忘れないで下さい。

皮膚科の先生は大勢を診察してきた専門家です、自分で考えるよりもたしかな答えを出してくれる場合が多いです。

病院に行って薬局で自分にあった塗り薬を出してもらって改善した人も多いんです。

たんなるかゆみではなくアトピーということもあるので、長引いたり状態がひどいと思ったらきちんと皮膚科を受診してください。

まとめ

冬になると増えてくるお風呂上がりの体や肌の乾燥やかゆみ、自分にあった方法をみつけて解消していってください。

<関連記事>
・みんなの肌潤糖とみんなの肌潤風呂の口コミ



スポンサードリンク