母の日のメッセージの書き方と例、感動する話

5月の第二日曜日は母の日ですね

お母さんに
感謝のメッセージを贈る。

娘からメッセージをもらえば
お母さんは
喜んでくれると思います。

でも、やってみたいけど
「なんだか恥ずかしい」
「やり方がよくわからない」

こんなことはありませんか?

そんなあなたのために
メッセージの書き方と例
そして母の日の意味について
お伝えします。



スポンサードリンク


母の日のメッセージの書き方

「一番嬉しいプレゼントは
娘からの手紙だった」
そんなお母さんも多いので
メッセージを書くことは大切です。

ただ、母の日のメッセージは
プレゼントに添えて
メッセージカードを贈る
というのが基本です。

メッセージカードというと
そんなに多く書き込めません

そのため感謝の言葉や
思い出のエピソードなど
短く書く必要があります。

なるべくストレートに
感謝の気持ちをそのまま書く
これが大事です。

もちろん
手書きが望ましいです。

しっかりと長い文章を
書きたい場合には
手紙でもいいと思います。

いずれにしても
感謝の気持ちと
思い出のエピソードは
鉄板です。

母の日メッセージ例

メッセージ例といっても
そんなに複雑なものではありません。



スポンサードリンク


・いつも色々してくれてありがとう
・これからも元気でいてね
・産んでくれてありがとう
・お母さんの子供でよかった
・これからもまだまだ面倒をかけるけど、よろしくお願いします。
・本当に感謝してる
・健康に気をつけて幸せにすごしてね
・元気で長生きしてね
・大好きです

こういった言葉を
感謝の気持ちを込めて
短めの文章にまとめるのが
メッセージカードの場合には
うまくいくと思います。

恥ずかしがらずに
ストレートに伝えようと思って
書いて下さいね。

母の日のメッセージで感動した話

母の日の意味を教えてくれる
そんな私の好きな動画があります。

この動画を見て何かを感じたら
とても大事な気持ちです
それをメッセージにのせて
伝えてあげて下さい。

まとめ

母の日のメッセージやプレゼント
照れくさくて
今までは渡せていなかったかも
しれませんね。

でも、思いきっておくってみると
お母さんは
とても喜んでくれると思いますよ。

あとは行動あるのみです。



スポンサードリンク