デスクワークで肩こりと腰痛を防ぐ姿勢とクッションを活用するコツ

デスクワークをしていると
肩こり腰痛は
悩みの種ですよね。

私もパソコン作業を
毎日長時間やっているので
肩こり腰痛が大きな悩みです。

その苦痛を解消するために
いろんなノウハウを
実践してきたのですが
このページではその中なら
効果のあったものを紹介します。

正しい姿勢のコツや
クッションなどの身近な道具の
活用方法についてです。

毎日のデスクワークで体が辛い
そんな悩みの解決に
役立ててください。



スポンサードリンク


デスクワークで肩こりを防ぐ姿勢

パソコンをしながら肩こりを予防する
そのためにはまずは
正しい姿勢が必須です。

正しい姿勢でないと
体に負担がかかり
肩こりの原因になります。

コツの一つ目は
肘の位置になります。

肘が机の上にぴったりと
置かれているかどうか
ここがポイントです。

パソコン作業をしていると
どうしても肘が浮いた状態
こうなる人が多いです。

両手が浮いていたり
片手だけだったりと
人によりクセはありますが
肘が浮いている
これが肩こりの原因になりえます。

肘を浮かせるのがなぜダメか
それは浮かせていると
腕の重みが全て肩や背中付近で
支えるような形になるからです。

ちょうど重い荷物を
手を伸ばし持つ
そんな状態に似ています。

実際に
手を伸ばして何かを持つと
その負担が
よく実感できると思います。

肘を机につけていないと
これと同じ状況に
なっているんです。

こんな状態で
何時間もパソコン作業をすると
当然ですが
肩や背中付近に負担がかかります。

そのため肘をつけて
パソコン作業をするように
注意してください。

肘のところが痛ければ
タオルをひくなど工夫すれば
大丈夫です。

キーボードやマウスを
操作しようとする時に
肘が浮きやすいので注意してください。

この姿勢を習慣化することで
肩や背中に腕の重みがかからない
そんな状態で作業ができます。

デスクワークで腰痛を防ぐ姿勢

肩こりだけでなく腰痛を防ぐためにも
効果的なコツもお伝えします。

これも姿勢についてです。

猫背の姿勢、
これが肩こり腰痛の原因になります。



スポンサードリンク


猫背でデスクワークをすると何が問題か
それは頭の重量です。

頭の重量は
多くの人が思っているより重く
5キロほどもあります。

猫背の姿勢にしていると
この5キロの重みが
前にかかり
それを支えるために
肩や腰に負担がかかります。

これが肩こり腰痛の原因に
なっていきます。

正しい姿勢というのは
頭と肩と骨盤
これが一直線になることです。

こうすると肩や腰に
余分な負担がかかりません。

これだけで
大きな肩こりや腰痛の
防止効果があります。

この姿勢を作るための
コツもありますのでお伝えします。

まず座った状態で背筋を伸ばし
前におじぎするようにします。
そしてそのまま戻ります。

たったこれだけで完了です。

この動作を行うことで
坐骨が立ちます。

そうすると頭から肩、骨盤と
一直線に簡単にできるんです。

この背筋を伸ばしたまま
お辞儀する
一度今やってみてください
スッと姿勢がよくなるのを
実感できれば成功です。

この姿勢をキープしつつ
パソコン作業を
やってみてください。

デスクワークの姿勢をクッションを活用して正しくする

この頭から肩、骨盤を
一直線にする姿勢
さらに簡単に実践するコツがあります。

猫背になれてしまった方には
猫背のほうが一時的には
楽に感じたりします。

でもやっぱり長時間やると
肩こり腰痛の原因になってきます。

そのため
正しい姿勢が難しい方には
より簡単に実践するコツを
使って欲しいと思います。

それはお尻の下に
タオルを置くという方法です。

タオルはただ置くだけだと
薄くて効果がないので
タオルを結んでこぶを作ります。

2つほど作り
そしてそのコブを
お尻の後ろ半分あたりに
置きます。

真下ではなく
後ろ半分というのが重要です。

ちょうどそのコブで
体が若干前傾姿勢に
なるような感じです。

こうすると背筋を伸ばす姿勢が
簡単につくれます。

このタオルのコブの上に
座った後にも
一度お辞儀して戻るを
やっておいてください。

まとめ

肩こり腰痛の対策は
日々の仕事の中でコリをためない
これにつきます。

日々の正しい姿勢の実践で
体の負担を減らしてください。



スポンサードリンク