会社が憂鬱な時に抜け出すための方法

会社が憂鬱な時ってありますよね。

そんな状態が長く続けば、ほんと嫌になってきます。

仕事の質にも影響しますし、もっと悪い場合にはうつ病だって人ごとではありません。

このページでは、会社が憂鬱な時の気分が楽になる抜け出し方についてお伝えします。



スポンサードリンク


会社以外の世界を作る

会社が憂鬱になって、そんな気持ちから抜け出せない。

そんな時には往々にして会社のことばかりで頭がいっぱいになっている時です。

あなたも、会社のことばかり考えてはいないでしょうか。

会社のことで頭がいっぱいだと、仕事がうまくいってるかどうかがとても大きな影響を心に与えます。

逆に、世の中には仕事がうまくいってなくても、けっこう元気な人がいます。

そういう人は会社の外に自分の世界を持っています。

それは人間関係であったり、趣味や生き甲斐だったりと様々です。

そういう会社以外にも大事なものを持つことで、会社が嫌なものになっていても自分の中での比重を下げることができます。

これが出来れば心が軽くなります。

人間関係を築くとか、生き甲斐とかはいきなりは難しいので、何かちょっとした楽しみを見つけることから始めるといいです。

最初は小さな楽しみだったのが、だんだんと大きな存在になっていくことがあります。

まずは小さくてもいいので、最初の一歩を踏み出すことがとても大事です。

会社のいい面を意識する

会社が憂鬱な時の特徴としては、会社の嫌な側面ばかりを意識しているというのがあります。

どんな仕事でも嫌な事は必ずあります。

そんなところばかり意識していると、どんな仕事をしていても気分が滅入っちゃいます。



スポンサードリンク


あなたももしかしたら、仕事や会社の嫌なところばかりを意識してはいないでしょうか?

今の会社や仕事にも、いい事はあるかもしれませんよ。

収入が安定しているとか、時々はお客さんに感謝されるとか、なんだかんだで同僚と愚痴っているのが楽しいとかはありませんか?

会社のいい面を意識すると、感じ方が変わってきます。

もしあなたが、憂鬱な気分になりやすい性格なら、会社のいい側面に勝手に意識が向くことは少ないのかもしれません。

そういう思考クセなのかもしれませんね。

そんな人は、いい面に意図的に意識を向けるというのがコツですよ。

意識していい点を探すわけです。

こういうのを時々やってみて、ちょっと気分が良くなったらそのまま継続してください。

義務ではなく、したいことを大事にする

これは真面目な人に多いんですが、義務をはたすばかりの毎日になっている人が多いです。

義務や責任は大事なんですが、それを果たすだけでは人の心は癒やされません。

疲れるだけになっちゃいます。

あなたもそうではありませんか?

そんな疲れた心には、楽しいとか嬉しいとかの感情が栄養です。

自分の体をいたわるように、自分の心にも栄養をあたえていたわらないといけません。

疲れるだけの毎日だと、憂鬱になるのも当然です。

自分自身の心がどうすれば喜ぶのかを考えてみましょう。

考えて思いついたら、小さな事でもいいので実行です。

実際に体を動かして、行動することで心もイキイキとしてきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか、会社が憂鬱な時にそんな気分から抜け出す方法。

心は理屈では動かないので、実際にやってみるのが大事です。



スポンサードリンク