潮干狩りの持ち物リストと服装、子供がいる時に必要なもの

潮干狩りというと
家族で出かけるイベントとして
楽しそうですよね。

でも、あまり経験がないと
どんな用意をしていけばいいのか
小さい子供がいる時には
どんな準備が必要なのか
よくわかりませんよね。

そんなお父さんのために
家族で潮干狩りに行く時の
持ち物リストと服装
そして子供がいる時に必要なものを
まとめましたので参考にしてください。



スポンサードリンク


潮干狩りの持ち物リスト

・「熊手」「ネットかバケツ」

リストの最初は熊手と
ネットかバケツです。

熊手は貝を取るために必須です。

場所によっては
レンタルも可能ですが
必ず借りることができる保証はないので
持参するほうがいいと思います。

そしてネットかバケツは
貝をとった後に
入れておくために持っていきます。

ネットはなくてもいいんですが
あると便利だと思います、
逆にバケツは必須です。

バケツに海水を入れておいて
とった貝をその中に入れます。

バケツの海水は
潮干狩りをしながら
何度か変えるのが理想です。

貝を新鮮な状態で
生かしておくためです。

それに
バケツの中で海水に入れておくと
砂抜き効果も期待できます
あとで食べると時にも
いきてきますね。

・「スポーツドリンク」

潮干狩りというと
外で何時間も日光にさらされます。

子供は当然ですが大人でも
スポーツドリンクは必要です。

これは安全対策のひとつとして
忘れないようにしてください。

・「日焼け止めクリーム」

こちらも直射日光対策です。

何時間も作業するので
日焼け止めクリームなど
女性やお子さんには必要です。

長袖の服を着るのでも
日焼け止め対策にはなりますが
それでもやはりクリームは
塗っておくほうが無難です。

・「折りたたみ椅子」

折りたたみの椅子は休憩用です。

持ち運び用の
折りたたみ椅子を最適です。

・「そり」「ダイバーズウォッチ」

こちらは便利グッツです。
移動のさいにそりを使うのは
便利です。

潮干狩りの時に
持ち物をのせるなど
何かと活用できます。

あと時計は
普段の時計をつけていると
ぬれてしまいます。

ダイバーズウォッチがあるなら
ぜひ持って行きましょう。

・「バーベキューセット」

これは潮干狩りに行って
そのままバーベキューを
する場合ですね。

砂抜きに使う
ボウルとかざるとか
潮干狩り後のバーベキューには
いりようです。

あと、おてふきがあると
バーベキューには喜ばれます。

・「クーラーボックス」

こちらは現地で食べずに
家に持って帰る場合に必要です。

中に海水を入れて貝を入れます。

保冷剤か氷をいれておけば
万全かもしれません。

あたたかくなった海水など
貝は苦手で死んでしまいますので
クーラーボックスがいいでしょう。

・「ビニール袋」「タオル」

潮干狩りでは
何かとぬれたものを
持ち帰ることになるので
ビニール袋があると便利です。

いろいろぬれるので
タオルもある程度は必要になります。

これらがあれば
帰る際に何かと便利で
家族にも喜ばれます。

・「お金」

何があるかわからないので
ある程度は持って行きましょう。



スポンサードリンク


潮干狩りで大量の場合は
会場に超過料金を払う場合もあります。

ただ、大金は持っていかず
なくしても良い程度に
してください。

潮干狩りの持ち物と服装

つづいて服装についてです。

・「帽子」と「サングラス」

これは日光対策です、
潮干狩りに行くと
何時間も太陽にさらされます。

晴れているときは
日差しがけっこう辛いものです。

麦わら帽子やサングラスは
持っていった方がいいでしょう。

・「靴」

ビーチサンダルで行く人もいますが
運動靴をはいているほうが
動きやすくていいと思います。

運動靴だと
脱げにくいというのもあります。

靴は当然ですが
汚れてもいい運動靴にします。

そして岩場が多いのであれば
長靴もオススメします。

・「服」

スポーツウェアや
フィッシングウェアがあれば
それを着ます。

なければジャージや作業用ズボン
これがオススメです。

・「着替え」

着替えは必須です。

あまりぬれない印象かも
しれないのですが
何かにつけ汚れます。

帰りるときは着替えてからの方が
快適な帰路になりますよ。

・「水着」

水着を下着のかわりにしておくと
ぬれても不快ではなくなります。

潮干狩りの持ち物で子供がいる時に必要なもの

最後にお子さんが一緒の場合に
用意しておくべきことになります。

・「迷子対策」

潮干狩りの会場は大勢の人がいます
子供は迷子になりやすいので
目立つ服装をさせておくと
いいと思います。

私の知り合いで
子犬用の引綱で子供と自分を
つないでいた人もいました。

こういう離れない対策も
いいと思います。

・「着替え」

子供に着替えは必須です。

絶対にぬれたり汚れたりします。
子供の着替えだけは
用意しておいてください。

・「靴」

子供の場合には安全を考えて
ビーチサンダルは
やめたほうがいいと思います。

運動靴や長靴をオススメします。

割れた貝殻など
足を怪我しやすいものが
落ちていたりします。

そういったものを
子供が踏んで
怪我をしないように
安全な運動靴か長靴がいいと思います。

・「ライフジャケット」

目を話したすきに
子供がおぼれないように
ライフジャケットを
着せる場合もあります。

これは場所にもよりますが
不安な場合は着せておくと
安心できます。

ただ、暑くなるので
熱中症対策には注意してください。

・「保険証」

小さな子供だと
予期せぬアクシデントもありえます。

気分が悪くなるとか
怪我をするとかです。

そんな場合に備えて
保険証は持っていったほうがいいでしょう。

また会場近くの
病院の情報もあらかじめ調べておくと
いざというときに
焦らなくてすみます。

・「ひまつぶし」

せっかく潮干狩りに連れて行っても
あきてしまう子供もいます。

お絵かきをするための
スケッチブックとか
ちょっとしたおもちゃとか
何かあるといいかもしれません。

まとめ

家族を連れて潮干狩り
子どもたちも喜んでくれて
楽しい思い出になれば
いいですね。

そのためにも
必要な物は用意して
子どもたちのための
安全対策もしっかりして
出かけてください。



スポンサードリンク