花粉症はヨーグルトとみかんの皮で改善するのか

花粉症といえば、杉やヒノキなどの花粉が原因となって、くしゃみや鼻水、鼻づまりを引き起こす、国民病と言ってよいくらいの広まりを見せているアレルギー症状です。

そのため花粉症の患者は現在、約3000万人とも3300万人とも言われています。

このため花粉症を研究する、研究者や研究所は多数ありますが、今回「ヨーグルト」と「みかんの皮」を合わせて食べることで、そのアレルギー症状が和らぐ研究結果が発表され、話題となっています。



スポンサードリンク


花粉症にはヨーグルトとみかんの皮という研究

この研究結果を発表したのは、2015年3月26日から29日の間に、岡山県で開催された日本農芸化学会での事で、愛媛大農学部食品機能学の、菅原卓也教授らによるものです。

元々大学の地元愛媛の農産物やかんきつ類に注目し、メタボリックシンボロール予防効果や、免疫促進効果、アレルギー症状の緩和などを研究していた菅原教授らは、その中のみかんから「みかんの皮」に注目。



スポンサードリンク


そのみかんの皮に多く含まれる、フラボノイドの一種である「ノビレチン」を取りあげ、その「ノビレチン」に花粉症の症状を和らげる効果がある事と共に、ヨーグルトなどの牛乳の成分である「ベータラクトグロブリン」と一緒に食すことで、より花粉症の症状が和らぐことを明らかにしたのです。

また、花粉症である26人に牛乳を含むヨーグルト150ミリリットルに、みかんの皮をすりつぶし混ぜたものを1日1回飲ませ、2週間後に両目に原因物質が入ったものを目に入れ、30分後に調べたところ、かゆみの症状は少なくなり、さらに炎症による眼球の温度上昇も約半分に抑えられたという結果が出たことがわかっています。

元々ヨーグルトには、腸内にいる細菌バランスを改善し、免疫力を高める効果から、花粉症の緩和に効果がある事が知られています。一方みかんの皮にも、効果があることが昔から知られており、特にみかんの皮を乾燥させた「陳皮」は漢方薬にも使われるほどです。

この「陳皮」は、漢方薬の世界では「老廃物の排出」や「血のめぐりを良くする効果」で知られています。

またみかんの、ビタミンや食物繊維にも注目されており、果実よりも皮に、多く含まれているとされています。

菅原教授らは、ヨーグルトとみかんの皮の相乗効果によって、花粉症が起きる化学物質の効果が抑えられると見ています。



スポンサードリンク