エアコン掃除は必要?期間と方法、業者に頼む時のおすすめと相場は?

夏になると
エアコンは必需品ですね。

エアコンなしの夏は
もう想像できません。

最近では
自動で掃除するという
機能があったりして
どんどん進化しています。

だから掃除とかしないで
「ほうっておいてもいいかな」
とか思っていませんか?

掃除をしようと思っていても
「自分でやればいいの?」
「業者にわざわざ頼む?」など
不安なことが多いと思います。

自分で掃除をしたことがない
自分で業者を呼んだことがない
そうであればなおさらでしょう。

この記事では
そんなあなたのために
エアコンの掃除に関するあれこれ
まとめましたので参考にして下さい。



スポンサードリンク


エアコン掃除は必要?

エアコンの掃除は当然必要です。

最近は
お掃除機能つきのエアコン
これも多いのですが
この機能だけでは充分ではありません。

たいていのお掃除機能は
フィルター掃除の補助の役割です。

あるていどのホコリは
自動でとってくれます
でもやはり万全ではないんです

私には
少し雑なお手入れ
という印象です。

お掃除ロボットの
ルンバとかもありますが
あれも万全ではないですよね
それと同じだと思ってください。

フィルターであれば
たいてい水洗いなどができますし
お手入れは
そんなに難しくありません。

そしてフィルターだけでなく
一番掃除が必要なのは
エアコンの内部です。

中にカビがはえて
それがアレルギーなどの
原因になることもあります。

これが一番注意したいところです。

エアコン掃除の期間

掃除した方がいい期間
これはエアコンの性能や
使用している環境にもよります。

内部乾燥や自動掃除の機能があれば
放っておいても
清潔な状態をある程度は
維持できます。

それでもフィルターは
1ヶ月に一度は
掃除したいところです。

フィルター以外の内部の掃除
これもカビ対策として
必要になります。

ただ、この内部のカビは
どれくらいで発生するのか
お使いのエアコンごと
また環境によっても
大きく変わってきます。

その部屋ごとにいつ発生するか
予想はつかないものです。

そのためカビの兆候が出たら
掃除するのがいいと思います。

カビの兆候としては匂いです。



スポンサードリンク


エアコンをつけて変な匂いがしてきた
これが内部も含めての
大掛かりな掃除をするタイミング
そう考えていいと思います。

エアコン掃除の方法

まずフィルターの掃除ですが
水洗いが可能です。

この時に注意するのは
きっちり乾燥させてから
元に戻すということです。

湿っていると
それがカビの原因になるので
注意してください。

そして内部の掃除ですが
まずはガバーをはずします。

出てきた冷却フィンのホコリを
ブラシなどでとって
掃除します。

そして冷却フィンを
市販の洗浄剤を使って
綺麗にしていきます。

このような手順で掃除できますが
その際には必ず
コンセントを抜いてから
作業してください。

また、
ビニールを床にはっておくなど
床が洗浄剤などで
汚れないようにする
対策も必要です。

エアコン掃除業者おすすめ

フィルターはいいとしても
内部まで掃除するとなると
大変そうと思ったかもしれません。

そんな場合には業者に頼むのも
選択肢のひとつです。

私も最近は業者まかせです。

安心して任せられるのは
私の経験では「ダスキン」ですね。

全国に営業所があり
どこに住んでいても
だいたい対応してくれます。

作業も毎回テキパキしていて
プロの仕事って感じです。

ビニールを周囲にはって
作業するので
部屋も全然汚れません。

他にも「生活救急車」も
試してみたいと思っています。

ただ業者さんに頼むさいに
一点注意が必要なのは
夏場のピーク時には
ある程度待たされる
ということです。

夏に業者さんに電話して
即日来てくれることは
よほど暇な所以外は
まずありません。

本格的な夏が来る前に
匂いをチェックして
必要なら事前に依頼しておく
これがベストです。

あと補足ですが
最近よくある自動掃除エアコンですが
この機能があると
対応できない業者や
値段が変わる業者があります。

この場合はダスキンも
値段が少し高くなりました。

予約の際に
事前に確認しておきましょう。

エアコン掃除の相場

私の経験では
相場は1万円〜2万円程度です。

あまり安すぎると不安なので
これくらいはみておきましょう。

まとめ

夏の必需品エアコン。

きちんとメンテナンスして
快適な夏にしたいですね。

今回の記事が
お役に立てば嬉しいです。



スポンサードリンク