FFグランドマスターズ序盤のおすすめジョブ

FFグランドマスターズの最初にまず迷うのがジョブの選択です。

そこでいくつかのジョブで序盤をプレイした結果判明したおすすめジョブについてお伝えします。



スポンサードリンク


FFグランドマスターズ序盤のおすすめジョブ

ジョブについては成長すればするほど特徴が際立ってくるので序盤ではそこまでの違いがありません。

ただゲームに慣れていない状態でも扱いやすいジョブと扱いにくいジョブはあります。

やはりゲームに不慣れなうちは安定感が重要な要素になってきます。

ゲームスタート時に一番おすすめのジョブは「戦士」です。

攻撃力と防御力ともに高くゲーム序盤の難易度が低くなります。

最初のうちは物理攻撃でゴリ押しですすめる人がおおいでしょうし、序盤からパーティーでの連携を意識しないと進めないような難易度の高いクエストはありません。

パーティーでのプレイをあまり意識しないとなると、一人でも安定感のある「戦士」がだんぜんおすすめです。

まずは無難な戦士を集中的に使ってレベルあげをしていきましょう。

レベルを上げていくと「補助装備」や「サポートジョブ」の機能を使えるようになるので、それくらいまではひとつのジョブに専念するのがいいです。



スポンサードリンク


「戦士」の次に安定感を感じたのが「モンク」です。こちらも物理攻撃でのゴリ押し系のジョブなので初心者にも扱い易いでしょう。

ゴリ押し、つまり脳筋プレイが序盤のおすすめとなります。

初心者には扱いにくかったジョブ

逆に注意したいのが「黒魔道士」と「シーフ」です。

この2つのジョブはダメージを受けやすい上に回復の手段が全然ないのでちょっと扱いにくい上級者向けといえます。

パーティーでの連携もあまり行われない序盤戦ではあまりおすすめできません。

安定感にかけてちょっとやりにくいです。

こういうジョブはFFグランドマスターズに慣れてきて、バトルをうまく進められるようになってからやってみたらいいのではないでしょうか。黒魔道士とかカッコいいので使ってみたい気持ちはわかりますが。

 

まとめ

FFグランドマスターズの序盤は「戦士」でゴリ押しで大丈夫です。「補助装備」や「サポートジョブ」が解禁されていったら徐々に他のジョブも開拓していきましょう。

やはりRPGの序盤の基本は脳筋プレイに限ります。魔法系は中盤以降に活躍がよくあるパターンです。

とはいっても序盤の勢いのまま最後まで脳筋プレイでは面白さも半減なのでご注意下さいね。私はよく最後までゴリ押しプレイでRPGをクリアしてしまうことがありますけど、やっぱり魔法とか使いこなしたほうが面白い気がするんです、あなたはいかがでしょうか。

 



スポンサードリンク