唇の紫外線対策

唇の紫外線対策はついうっかりと忘れがちですね。

他はUVクリームなどでたくさんぬっても唇の紫外線対策までは気がつかなかったという人も多いでしょう。

そんな唇の紫外線対策についてご説明します。



スポンサードリンク


唇の紫外線対策の主なものはやはりリップクリーム

唇はデリケートで紫外線があたると黒ずんできたり、しみができたりすることがあります。

なんにもケアしないでいると紫外線が直接あたって美容によくないです。

UV効果のあるリップクリームや口紅も売っているので利用してみてはいかがでしょうか。

唇のリップクリーム以外の対策方法は?

顔にぬるUVクリームが役にたちますが、唇に塗るのはやはりリップクリームのほうがいいでしょう。

その上から口紅をぬって唇の紫外線対策をすると効果は抜群です。

唇の日焼けとはどういうこと?

唇の腫れや痛み、唇の荒れ、日焼けにつきもののヒリヒリ感、日焼けによる水ぶくれなどがあります。

悪化したらすぐに病院へ行って診てもらいましょう。

唇には皮脂腺がありません。

どんどん水分が失われていって乾いた状態になるのです。

メラニンも少なく唇に受けるダメージは顔の肌よりも気をつけなければならないのです。

どこで紫外線は強くうける?

夏の海水浴だけでなくスキー場や長時間の運動などもひどい紫外線をうけるので唇の対策には万全を期したほうがいいと思います。



スポンサードリンク


土の道よりもコンクリートの反射から影響を受けることもありますので都会に住んでいる人は唇の紫外線対策は必ずするようにしましょう。

唇が紫外線を受けてダメージが大きくなってしまったら

まずはやけどなので水で冷やすことが大事です。

ヒリヒリする感覚がなくなったらパックをして様子をみたり、水ぶくれのようになってしまったり黒ずんでしまったら病院へいって診てもらいましょう。

最後に

私もついうっかりと唇の紫外線対策を忘れてなにもつけないで外出してしまいます。

唇が乾いて唇の皮膚がめくりあがったりひりひりすることも多く

暑くなるまえにUVケアのできるリップクリームを買わなきゃと思っているのです。

つい皮がめくりあがったので気になって皮を手でとろうとしたり、歯でかんだりしてとろうとすることが多いです。

皮がとれてしまうと痛いとわかっているのに無茶をするものですね。

日焼けによって唇に炎症ができてからリップクリームを買うことが多いです。荒れないようにケアしなければなりませんよね。

紫外線の多い日にはできるだけ外出しないようにしてはいるのですが、それでも洗濯物を干したりしてベランダにいる時にも紫外線は容赦なく自分に降り注いでいるものなんですよね。

これからも注意して顔や体に紫外線対策をしてから洗濯物を干したり外出するようにしようと思っています。



スポンサードリンク