紫外線から髪をケアするために

紫外線によって頭そのまま出して歩いているとパサパサになりがちですね。

髪は荒れてほおっておくといつまでもパサパサのままで、ずっとそのまま外出しているとダメージが大きくなってしまいます。

紫外線に対する髪のケアについてご説明いたしましょう。



スポンサードリンク


外出する時には日傘や帽子が必需品

外出するときには日傘をさしたり帽子をかぶって歩くようにしましょう。

髪にダメージを与えないためです。

そのまま歩いているとせっかくきれいにカラーしたのに色が変わってきたり髪の状態がパサパサしてよくありません。

すこし面倒でも日傘や帽子をかぶることで紫外線に対する髪のケアができるものです。

髪の毛用のUVプロテクトスプレーも売っているのでそれを使うとダメージを抑えることができるでしょう。

紫外線によって髪はダメージを受けている

肌が乾燥するように髪も乾燥によって大きなダメージを受けています。

髪はタンパク質でできています。

紫外線によってキューティクルがはがれてしまい、乾燥、枝毛、切れ毛、裂け毛などの原因になります。

残念ながら髪にダメージを受けると元のようにもどることはありません。

ですのでなるべく紫外線に対する髪のケアが必要となってくるのです。



スポンサードリンク


紫外線ダメージケアしてくれるシャンプーやトリートメント

紫外線をあびてパサパサゴワゴワになってしまった髪をもとのようにきれいな髪に戻すことはなかなかできません。

そのため日ごろの努力が必要なのです。

紫外線で受けたダメージをケアしてくれるシャンプーやトリートメントが市販されていますので、そういったものを使用してみたり、美容室に行って美容室で売っているシャンプーやリンスを使うのも髪にはいいです。

大島椿のヘアスプレーがヘアブローしたあとにシューとするとキューティクルの損傷を防ぐのをご存知ですか?

大島椿というとべたべたしたイメージがありますが、ヘアスプレーなら大丈夫。

噴射量が計算されているのできれいな髪にまとまります。

普通のヘアスプレーじゃいけないの?

普通のヘアスプレーにはUVカットする成分ははいっていないものが多くあります。

必ずUVカットのヘアスプレーを買うようにしましょう。

そして日傘や帽子をうまく活用して紫外線に対する髪のケアを毎日かかさずするようにしましょう。

少しの間でも外出する時には用心が必要です。

最後に

私は、日傘や帽子が嫌いで髪はそのまま外出することが多いんですが、紫外線は白髪の原因にもなります。

白髪が気になる人は日傘をさして外出するようにしてみて下さい。



スポンサードリンク