紫外線は曇りの日こそ強い

紫外線の強いのは晴れている時だけかなと思いがちですが、曇りや雨の日も紫外線はけっこうあります。

特に曇りの日の紫外線はけっこう強いので注意したほうがいいですよ。

ここでは曇りの日の紫外線が強いということについてご説明いたします。



スポンサードリンク


紫外線曇りの日は強い

曇りの日だから紫外線はあまり強くないとお思いがちですが、意外と強いものなのです。

薄い曇りの時は晴れた日の80%、ふつうのくもりの日でも晴れた日の60%と言われています。

この結果を見るとく曇りの日でも紫外線対策をしなければならないと思いますよね。

雲によって紫外線が拡散する効果

晴れの日と同じぐらいの紫外線が地上に届くということです。

曇りの日でも安心して外出や窓辺にいられませんね。

曇りの日でも日焼け止めは塗らなければならないということですね。

WHOが推奨する紫外線の害をなくすポイント

帽子をかぶり、日傘をさして、サングラスをかけて、長袖を着る。

日陰を歩く、日焼け止めを塗る。

あたりまえのようですが、みんな大切なことですね。

犬の散歩などに毎日出かける人は特に注意をしましょう。

やはり日中はさけて朝晩散歩をさせたほうが紫外線に当たらずにすみます。

最後に

なぜか曇りの日は出かける用事が多くなります。



スポンサードリンク


曇りの日も紫外線に注意と聞いたことはあったのですが、すこしなら平気だろうとケアせず外出していませんか?

これからはきちんとケアして出かけて下さいね。

もうすぐ日差しの強い日もやってきます。

お天気に関係なく紫外線対策はしなければなりませんね。

ちょっとそこまで買い物に行くだけだからとか思っても、曇りの日でもきちんと紫外線対策をしてから出かけて下さい。

実は最近しみが多くなってきました。

きっと若いうちから日傘や帽子などで紫外線対策をしていた人ならば紫外線は曇りの日も強いということを知っていたんだろうと思います。

若い女の子が曇りなのに日傘をさしているとなんでだろうと不思議に思っていました。

紫外線は曇りの日も強いということを知っていたからなんですね。

見習わなくてはと思いました。

よくおばさんからおばあさんになるとしみやたるみができてきますよね。あれは紫外線の影響もあるそうなんです。

同じおばさんやおばあさんでもしみやたるみが少ない人もいますよね。きっと若いうちからケアしていたのではないかと思います。

電車やバスに乗ることも多いのですが、窓際にいるとガラスを伝わって日差しがはいってくることがありますよね。それをさけて席を移動するおばさんが多いですね。

紫外線はできるだけ避けたほうがいいんです。



スポンサードリンク