紫外線の室内対策

紫外線の室内対策についてご説明いたします。



スポンサードリンク


窓際対策

窓際はもちろんのこと反射や拡散によって紫外線は思ってもいないところに室内にはいってきています。

紫外線の室内対策についてですが、UVカットの窓ガラスを使用するか、UV加工のカーテンをすることにより窓際のUV対策をすることができます。

UVカットの窓ガラス

最初からUVカットの窓ガラスをいれてもらうようにします。あとからいれようとすると業者さんに頼まなければなりませんので自分ではなかなかできないのが現状です。

UVカットフィルムを貼る

ホームセンタなどで売っているUVカットフィルムを貼ることで紫外線の室内対策をすることができます。

自分で貼ることもできますが、なるべくうまく貼れる手先の器用な人に張ってもらったほうがいいでしょう。

レースのUVカットカーテンをする

レースだと日中は光を感じられてすごく快適に過ごすことができます。

いつもと変わらない生活を送ることができるでしょう。

UVカットカーテンは外から見えにくいものがあるので買う時に確かめて買うといいですよ。

レースのカーテンだと外から見えてしまうのではないかと心配になりますものね。

外から見えないと思えば快適に過ごすことができます。



スポンサードリンク


遮光カーテンを使用する

遮光カーテンだと紫外線を完全にシャットアウトしてくれるので有効ですが、部屋が暗くなってしまうのが難点と言えるでしょう。

昼間はなるべく明るいほうがいいという人にはUVカットのレースカーテンをオススメします。

普通の家ではどうしているのか?

紫外線の室内対策をしていない家もありますし、気をつかって紫外線の室内対策をしている家も数多くあります。

うちはUVカットのレースカーテンで紫外線の室内対策をしています。外から窓の中がみえにくいUVカットのレースカーテンなので昼間でも安心して家の中で明るいままで暮らすことができます。

ホームセンターやネットショッピングで紫外線のUV対策用のカーテンを気軽に買えるので検討してみてはいかがでしょうか。

天気がいい日はもちろん曇りや雨の日でも紫外線は家の中へはいってきます。

その量は曇りの日で約80%~95%で、雨の日でも晴れている日の約20%~55%とけっこうはいってくるものなのです。

今日はくもりだからとか雨だから平気だと思いがちですが、紫外線は確実に家の中へはいってきています。

窓のそばにいる時はもちろんのこと家の中のほうにいる時にも紫外線対策は必要なんです。

今からでも遅くはありません。

体に影響のある紫外線の室内対策をしてみてはいかがでしょうか。



スポンサードリンク