神田祭の屋台

東京下町のお祭りと言えば神田祭に三社祭。

その内で天下祭とも呼ばれる神田祭の屋台事情をご紹介します。



スポンサードリンク


目次この記事に書かれている内容は…

過去の出店状況

まずは鮎の塩焼き。

屋台での鮎の塩焼きは炭焼きでじっくり焼いたとても美味しいものです。

魚焼きグリルで作ったものとは一線を画する職人さんの作品とも呼べるようなものが楽しめます。

 

お次は道産子なじゃがバター焼き。

居酒屋でも定番。ジャガイモをアツアツでほくほくになるまで蒸して、とろりとしたバターを乗せて出来上がりな一品です。

もちろん神田祭にも登場しています。

 

そして屋台といえば定番中の定番、香ばしくて麺がパリッとしてて美味しい焼きそば。

そしてまん丸な大きなたこ焼き。

三つ目はチョコバナナ。

これらはもはや説明する必要もないと思います。

 

そして最近出店が増えてきたトルネードポテト。

螺旋状にジャガイモを切って揚げたもの。

ケチャップなどを付けて食べます。これがまた美味しいの一言です。

 

トリは焼き鳥(洒落じゃないですぞ)。



スポンサードリンク


居酒屋でも欠かせないメニューですが、神田祭という特別な場所で食べればまた格別な事間違いなしです。……などなどと主だったものを挙げてみました。

この他にも様々な屋台が並びます。

 

私のお薦めは一番始めに書いた鮎の塩焼きですね。

美味しいもの探すもよし、珍しい屋台を見つけるのもまた面白いと思います。

出店場所

屋台は神田明神周辺に神社を取り囲むよう出店します。

そして境内ばかりか近くの立体駐車所にも出店されます。

そこは屋台目当ての人達でごった返します。

なので自分のペースで見て回るのもいいですが、ネットでオススメメニューを調べてから目的の場所を先に明確にしておくのもいいかもしれませんね。

 

それから神田から少しだけ足を伸ばせば、そこは神保町や秋葉原があります。

それらの町はお祭りの屋台とはまた違った楽しみ方ができるかもしれませんね。

アクセス

最後にお祭り開催時には神田明神周辺は交通規制になりますので公共交通機関を利用してお祭りに向かうのがいいと思います。

もちろん早い時間から周辺の有料駐車場も満車になると予想されますので車で向かう方はご注意下さいませ。



スポンサードリンク