しそジュースのクエン酸をいかすレシピ

これから夏が来て熱中症防止などで飲み物が手放せない季節がやってきます。

そんな暑い時期にも飲みやすいジュース。

買ってくる飲料もいいですが、どうせならばクエン酸を入れた手作りしそジュースを飲んでみてはいかがでしょうか。

少々の甘酸っぱい味と鼻腔をくすぐるしその香りが熱さを忘れさせてくれますよ。



スポンサードリンク


目次この記事に書かれている内容は…

クエン酸とは?

クエン酸は蜜柑や夏みかんなどの柑橘系果物に含まれる有機化合物で、特にレモンなどに多く含まれ、レモンの酸味はクエン酸が関係しています。

最近では各種サプリメントにも多用され、疲労回復や美容も期待できます。

 

そんな優れものなクエン酸。

しそジュースでも楽しむ事ができますよ。

レシピ

健康によく美味しいしそジュース。

見た目もブドウジュースのように透き通った明度の高い赤い色をしていてとても美味しそうです。

栄養成分の方も抜群で、ポリフェノールの一種であるアントシアニンや筋肉の収縮を促すマグネシウム、カロチン、ビタミンKなどの有効成分を豊富に含んでいます。

 

そんな非の打ち所がない、しそジュース。

美味しいしそジュースの作り方を知ってしそジュースを愉しみましょう。以下にレシピを書いておきます。



スポンサードリンク


 

  1. 赤しそを洗い、水を切ります。
  2. できるだけ大きな鍋でお湯を沸かします。沸騰したら1で洗った赤しそを全部鍋に入れます。もし入りきらなければ何回かに分けて少しずつ入れて下さい。
  3. 沸いた水が赤くなるのを待って、赤くなったあと5~6分間、赤しそを入れたまま煮込んだら火を消して冷めるのを待ちます。
  4. お湯の中に手をつけても熱くないと思える位まで冷ましてから赤しそを絞り、絞った汁とゆでた汁とを残しあとは捨てます。
  5. 残した汁をガーゼなどでこして残りカスを取り除き再び火にかけます。
  6. 沸騰してたらすぐ砂糖を入れて弱火で10~15分位待ちます。
  7. そのあと火を止めてクエン酸を投入。
  8. 最後はしそジュースを冷蔵庫に入れて冷やして完成です。

 

手作りのしそジュースは少々味が濃いですのでカルピスを飲むような感覚で薄めて飲んで下さい。

冷蔵庫で冷蔵保存すれば二ヶ月ほど持ちます。

市販のジュースよりも長期で保存できますよ。

これから熱い夏がきますので今年は手作りのしそジュースでうだるような熱さをしのいでみてはどうでしょうか。

まとめ

美味しくて何度もおかわりしたくなるしそジュース。

それでいて健康な体作りにも一役買ってくれる優れたヤツ。

そんなしそジュースは本当にオススメです。

これまでも継続的にしそジュースを飲んできた人も、今年、しそジュースデビューな人もこの記事が一助になれれば幸いです。では、また。



スポンサードリンク