らっきょうの効能とカロリーそして美味しい食べ方

暑くなったら食べたくなる
さっぱりした食べ物ってありますよね
そうめんとか梅干しなんかが
代表的な気がします。

そんな
暑くなったら食べたくなるものの中で
意外に食わず嫌いが多いのが
らっきょうです。

実は私も30代中頃まで
食わず嫌いでした。

あなたはどうですか?

「食べない。あれ猛烈な臭さだよね。」
「苦手なので食べないです。」
なんて思ってはいませんか?

このページでは
そんな食わず嫌いのあなたのために
らっきょうの効能と
気になるカロリー
そして美味しい食べ方について
お伝えします。



スポンサードリンク


らっきょうの効能

らっきょうの効能としては
まずはビタミンB1の吸収を
促すということです。

これにより
疲労回復に役立つと
言われています。

暑くなる季節には
この疲労回復が
とてもありがたいんです。

そして食欲増進もあります
夏バテであまり食べられない
こんな時に助かります。

さらに嬉しいのは
脂肪の燃焼効果です。

ホルモンの分泌を助け
それにより
脂肪を燃焼させます。

食欲増進と脂肪燃焼を
セットで持っているとは
嬉しいポイントです。

お腹まわりが
気になる場合にも
ありがたい効能です。

あとは血液さらさら効果も
あると言われていますが
これについては
玉ねぎとか他の野菜でも
よくある効能ですね。

その他にも昔から言われている
らっきょうの効能は
整腸作用、殺菌解毒、冷え性対策など
いろいろ言われているようです。

あと、便秘解消も見込めるみたいです。



スポンサードリンク


らっきょうのカロリー

気になるカロリーはというと
これはサイズによっても違いますが
中サイズのらっきょう一つで
5〜7kcalくらいです。

100gあたりだと
115kcalくらいです。

100gも食べる人は
あまりいないでしょうから
気にするほどではない
という事がわかります。

らっきょうの美味しい食べ方

いろいろ効能もあって
カロリー控えめならっきょう

この美味しい食べ方ですが
2つおすすめがあります。

私がらっきょうを好きな理由も
この2つの食べ方があるからです。

まず一つ目は
カレーと一緒に食べるです。

福神漬で食べる人もいますが
らっきょうを選択肢から外すのは
もったいなすぎます。

福神漬と食べ比べてもいいですし
一度試してください

特に、夏のカレーとらっきょう
この組み合わせは
一番美味しい食べ方です。

夏にカレーを食べるなら
らっきょうははずせません。

もうひとつは
ビールのお供ですね。

ビールのおつまみに
これがまたよくあいます。

夏の暑い日に
冷たいビールとらっきょう
カリカリしてるらっきょうが
いいおつまみです。

今年の夏に
ぜひ試して欲しいです。

まとめ

ここまで
らっきょうの良さについて
書いてきました。

夏のカレーやビールには
ほんと相性がいいです。

ただ、一点注意してほしいのは
らっきょうを
ワンちゃんや猫に
食べさせてはいけません。

玉ねぎなどと同じで
受け付けないそうです
この点はおぼえておいてください。

らっきょうの臭い対策はこちら



スポンサードリンク