南高梅の旬と賞味期限は?カロリーと栄養と効果は?

南高梅
柔らかくて上等な梅干しになったり
美味しい梅酒になったりします。

健康にももちろんいいです。

あなたも
健康が気になりだして
南高梅の名前を
知るようになったかもしれませんね。

でも
「旬はいつなの?」
「どんな効果効能があるの?」
「カロリーは高くないの?」

いろいろな疑問が
あるかもしれません。

そんな初心者のあなたへ
南高梅の旬や賞味期限
カロリーや効果や栄養を
まとめましたのでご活用ください。



スポンサードリンク


南高梅の旬

梅の旬は5月下旬から
7月上旬までです

ちょっと短いですよね

ただ、南高梅の旬については
さらに短くて
6月中旬から7月初旬です。

この短い旬の時期に
手に入れないといけません。

南高梅の賞味期限

南高梅を食べるなら
梅干しだと思いますが
梅干しは元々保存食なので
賞味期限は長めです。

だいたい6ヶ月くらいは
大丈夫です。

昔ながらの高い塩度の梅干しは
さらに保存期間が
伸びる場合もあります。

南高梅のカロリー

カロリーは
気になるところです。

普通の梅干しなら
ひとつぶ6キロカロリーほど。

健康的な食材なので
そんなに高くはありません。

ただ人気のある
はちみつ梅干しであれば
少しカロリーは高くなります。

それでも
一粒16キロカロリーくらいです。

これでも
気にするほどではありません。

南高梅の栄養と効果

南高梅の栄養には
梅の酸味の元になる
クエン酸が多く含まれています。



スポンサードリンク


このクエン酸は
スポーツ選手などが
疲労回復に使ってきた成分です。

今もスポーツ用品店などで
「クエン酸入り」とうたっている
スポーツ系サプリメントを
よく見かけます。

クエン酸は糖質や脂肪酸の
代謝を促します
そして疲労物質の乳酸を
燃焼させる効果があります。

これにより
疲労からの回復が
スムーズになるわけです。

さらに梅特有の酸味
これは唾液や胃液などの
分泌を活発にします。

これにより消化がスムーズになり
食欲増進の効果もあります。

食欲がなくなる
夏バテの対策に
ぴったりなんです。

さらに梅はアルカリ性の食品です
肉類など酸性の食品を食べ過ぎた時に
中和してくれます。

バーベキューや焼き肉の時の
中和効果として
いいんじゃないでしょうか。

他の栄養としては
ビタミンB1、B2、C、Eなど
複数種類のビタミンが
含まれています。

さらにクエン酸が含まれているので
カルシウムの吸収を助け
骨を丈夫にするとも
言われています。

盛りだくさんの栄養と効果ですね。

まとめ

健康的なイメージはあるものの
旬の短さなどから
初心者には少々
とっつきにくい印象の南高梅。

ただ、見逃しているのが
もったいないほどの
効果効能があります

なにより夏場にご飯と食べると
ほんとおいしいです。

興味をもった今年こそ
ぜひ食べてみてくださいね。

他にもある夏バテ対策に役立つ食材



スポンサードリンク