PSVRに必要なものって何?

10月13日発売のPlayStation VR (PSVR) を楽しみにしている人がたくさんいるのではないでしょうか。もう、楽しみすぎて予約した人もいると思います。「でも、PSVRで遊ぶには何が必要なの?とりあえず本体だけでいいの?」という疑問を一つずつ解決していきます。



スポンサードリンク


PSVRで遊ぶために必要なもの5つ

 実は本体だけでは遊ぶことができず、主に5つの器具が必要となります。PSVR本体のほか、PS4、モニター、PlayStation Camera (PSカメラ) 、ヘッドホンが必要となります。それでは今から、画像別に紹介していきます。

遊ぶために必要なもの ①「PSVR本体」

まず、皆さんもご存じのとおりPlayStation VRです。これがなければ何も始まりません。ただ予約が殺到していて、かなりのお店で予約が終了しているそうです。まだ抽選予約を行っている販売店もありますので、ぜひ予約してください。
価格は、44,980円+税 となっていますが、少し高いですね。

遊ぶために必要なもの ②「PS4」

 次に必要なものが、PS4です。もうたくさんの方が持っていると思います。PSVRであそぶための配線関係やコントローラーもそろっているので、持ってない人は今すぐ買いましょう。
 価格は、35000円程度から購入可能です。

遊ぶために必要なもの ③「PSカメラ」

 これがなければ、PSVRの動きを感知してくれません。
 価格は、6000円程度です。また、PSVR本体とPSカメラがセットになったものもあります。「PlayStation®VR PlayStation®Camera同梱版」というもので、別々に買うよりも少しお得です。価格は49,980円+税 となっています。



スポンサードリンク


遊ぶために必要なもの ④「モニター、テレビ」

「PSVRにモニターなんているの?」と思った方もいるかもしれませんが、必要です。でも、安心してください。どんなものも可で、普通のテレビやデスクトップのモニターでも大丈夫です。しかし、古すぎるとHDMI端子がついていないかもしれないのでそこだけ確認してみてください。

遊ぶために必要なもの ⑤「ヘッドホン」

 ヘッドホンが必ず必要とは言い切れないですが、これがないのは個人的に嫌です。実はPSVR本体のなかには小さなイヤホンしかついていません。小さなものだとVRを装着したときに、耳から外れやすいし、かなり高級なものでないと音質があまりよくありません。本当にゲームの世界に入り込みたいのであれば、ヘッドホンのご購入をお勧めします。
 価格帯は2000円程度から高いものだと2万円します。やはり値段がものを言いますね。

まとめ

上記の5つがPSVRに必要になる器具です。すべてをそろえようと思えば、かなり高くなってくるので、学生で購入を考えている方はとても大変だと思います。ただ、モニターやヘッドホンは妥協できるし、すでにPS4を持っている方は、さほど値段がかからないと思うのでお財布と相談してみてください。
自分もPSVRを使ってFPSゲームをしてみたいです。やはりpcなどの画面でやるのとは違って、すごい迫力が得られると思います。また、これからはVRを使ったゲームが拡大されていくと思うので、皆さんもはやく予約、購入をしてVR時代の先駆者になってみませんか?



スポンサードリンク