南高梅の由来と産地と農家

梅干用の高級品として
ふんわりとした
果肉が特徴の南高梅。

美味しいのはもちろん
体にもいいということで
健康志向の人なら
興味がある人も多いんです。

あなたはどうでしょうか?

南高梅、聞いたことが
あるかもしれませんね。

この記事では
興味を持ってくれたあなたに
南高梅の由来と産地
そして農家の様子などを
お伝えします。

この記事を読めば
ますます南高梅に
興味がわくと思います。



スポンサードリンク


目次この記事に書かれている内容は…

南高梅の由来

南高梅の由来は
明治35年にさかのぼります。

和歌山県南部川村は
江戸時代から梅が
栽培されてきた土地でした。

そこに住む村長の長男の
高田貞楠さんという人が
自分の所有する桑畑で
梅の栽培をはじめました。

その時に近所の知人から
60本の苗木を購入して
畑に植えます。

その中の一本だけに
大粒な実がなる
発育のいい木がありました。

その木を元にし
そこから切り取った枝から
さらに栽培をして
大きな実がなる特徴的な木を
増やしていきました。

枝を切り取って
栽培をしていったのが
昭和の初め頃です。

この梅は当時
高田貞楠さんにちなんで
高田梅と呼ばれていました。

その後、昭和25年に
優良品種の統一運動が
行われました。

当時は村の中に
多くの種類の梅が混在していて
各農家でばらばらの品種を
統一しようとした活動でした。

この高田梅は見事に
最も風土に適した優良品種と
認定されました。

この認定作業のための調査は
5年間も続きました。

その時に地元の
南部高校園芸科の生徒たちも
調査に協力したことから
南部高校の「南」と
高田梅の「高」から
一文字づつとり
南高梅とあらたに命名されました。

これが南高梅の由来です。



スポンサードリンク


ちなみにこの南高梅の元になった
高田梅の母体の木ですが
現在も樹齢100年に近いですが
健在です。

ちなみに読み方は「なんこううめ」が正式です。

南高梅の産地

南高梅の産地は
和歌山県です。

南高梅に限らず
梅の六割は和歌山県産で
江戸時代から梅の栽培は
行われてきました。

和歌山県のブランドであり
「紀州みなべの南高梅」として
商標登録もされています。

紀州のみなべ町というのは
和歌山県の中部にあり
ゆるやかな丘陵地帯です。

一年をつうじて気候が温暖で
梅の栽培に適しています。

みなべ町の役場には
総務課や住民福祉課にならんで
「うめ課」があるほど
町をあげて力を入れています。

ちなみに「うめ課」では
梅干しおにぎりでギネスに挑戦したり
みなべ町の観光を支援したり
世界農業遺産の登録を目指したりと
現在も活発に活動中です。

南高梅の農家

南高梅の農家といえば
みなべ町の農家です。

この地域では
多くの世帯が梅農家で
そのうちの8割ほどが
南高梅を栽培しています。

6月が農家の
一番忙しい時期になり
家族総出で作業する家も
多いらしいです。

ただ、同じ南高梅といっても
それぞれに
こだわりを持つ農家も多いんです。

例えば

自然落下した完熟梅にこだわる
「ほりぐち農園」

無農薬・無肥料栽培にこだわる
「てらがき農園」

環境保全型農業にこだわる
「松川農園」

いくつもの農園が
それぞれこだわりをもって
取り組んでいます。

まとめ

この記事では
南高梅にまつわる豆知識を
まとめました。

興味が出たら
ぜひ一度食べてみてください。

おいしいですよ。

南高梅の旬や栄養と効果について



スポンサードリンク