カルテット第1話の内容と感想

カルテットの第1話の内容と感想を書いていきます。いよいよはじまった火曜ドラマ「カルテット」ですがなかなかの滑り出しです、そんな新ドラマの内容と個人的な感想です。



スポンサードリンク


「カルテット」の第1話の内容

巻真紀(松たか子)は別府司(松田龍平)の運転で軽井沢の別荘へとやって来た。待っていたのは世吹すずめ(満島ひかり)と家森諭高(高橋一生)。

東京のカラオケボックスで“偶然”出会った4人は皆演奏者で、弦楽四重奏をやることになったのだ。ライブレストランで演奏しようという話になるが、その店では“余命9ヶ月”のピアニスト・ベンジャミン瀧田(イッセー尾形)がレギュラー演奏していた。そこで真紀は、突拍子もないことを言い出す。

全員、嘘つき!?

まず、満島ひかり演じる“すずめ”は、街頭で演奏している所を「この人と友達になってほしい」と松たか子演じる“巻”の写真を持って、依頼された。

しかし、そのことは他のメンバーには秘密にしているようだ。

そして、巻も結婚していると言っていたが、旦那が1年前から失踪していた。

他の男性2人も、カラオケボックスで巻が演奏しているのをボックス外から眺めているシーンもあったので、恐らく偶然に出会っていないのだろう。



スポンサードリンク


巧みな会話劇

実力者の4人が揃ったドラマですので、4人の演技が見事である。

巻が、「余命9カ月のピアニスト」の嘘を指摘し、演奏していたレストランを辞めさせた後に、4人がそのレストランで演奏することが決まるのだが、台詞がないのに、ピアニストの背中を切なそうに、やりきれない表情で見送った演技は、見事だった。

また、その後練習シーンで、このことで口論になるのだが、4人の意見がそれぞれあり、お互いに言いたいことを言い合う。

その合間に、コーン茶を入れようと(緩和剤をはさもうと)1人は立ち上がるのだが、そんなことをしながらも会話が途切れることなくされるやり取り。

ドラマであるのに、舞台を見ているような途切れない演技に、4人の見事な演技力が光ったシーンだった。

まとめ

1話の最後にて、“すずめ”は「これからも友達のふりを続けてほしい」と依頼されていた。依頼人は、“巻”の旦那が失踪したことは信じていないようだ。

このように、4人がそれぞれ秘密を持っている。それが、今後どのように明らかになるのか?そしてどんな嘘なのか?本当に“偶然”出会ったのか?を見守っていきたい。

また恋愛要素もあるのだが、1話の段階では“巻”が結婚していること以外は、恋愛要素は明らかになっていない。魅力的な4人なだけに、恋愛も注目してみていきたい。



スポンサードリンク