ハンドレッドシーズン2ラストの感想

ハンドレッドシーズン2ラストの感想あなたはどうでしたでしょうか。最後まで見た人にはけっこう賛否両論ですよね、今回はそんなハンドレッドシーズン2ラストの感想などです。ちょっとだけネタバレしてますので、まだの人はご注意ください。



スポンサードリンク


ハンドレッドシーズン2ラスト

ハンドレッドのシーズン2は最初から最後までマウンテンマンとの戦いでした。グラウンダーは原始的な勢力ですが、グラウンダーとは違う科学的な勢力がマウンテンマンでした。

その分、グラウンダーや主人公たちよりも貧弱で外気に触れると放射能で死んでしまうという弱点も持っていました。

 

ラストのネタバレはあんまり好きじゃないので、まだ見てない人はチェックしてご確認を。

 

当然というか主人公側がなんだかんだで勝利する展開です。ただ、敵を放射能で倒すというその戦いっぷりが微妙です。

ハンドレッドシーズン2ラストの感想

ハンドレッドシーズン2ラストの感想はちょっと引くでした。

 

マウンテンマンの弱点である放射能まんたんの外気を施設内に入れて、敵を全滅させるという方法以外にちょっと勝ち目がなさそうな状況ではありました。それでも主人公の戦い方としてはちょっと手段を選ばなすぎなような気がして、あんまり爽快感はないです。

後味が悪い感じの勝利でした。

 

シーズン1のグラウンダーとの決戦もかなりエグめのラストでしたが、あれはあれで全面衝突での勝利だったのでまだ爽快感があってよかったんですが。



スポンサードリンク


シーズン2のラフトあたりなんかは、マウンテンマンのほうをちょっと応援しちゃってました。応援むなしく全滅しちゃいましたが。

 

一番いやなのがマウンテンマンを裏切って主人公側に協力した女性ですね。なんてことするやつだって思います。マウンテンマン側からしたら身内を裏切って全滅させるって相当な悪人ですねよ。たしかにマウンテンマンは非道な実験をしてたり、ドラ息子が独裁者になったりと落ち度はあったわけですが。それでも裏切り者はやっぱりよくない気がします。

ドラマの中では悲劇のヒロイン的な立ち位置なんですが、うーんといった感じです。

 

最初は無邪気な女の子だった主人公がどんどん冷徹になっていくハンドレッドのシーズン2でした。この主人公の好感持てない方向への変化も大丈夫なのかなという心配があります。アメリアではこういう主人公が人気になるんでしょうかね。ちょっとそのあたり日本人とはズレが出るような気がします。はじまった頃は正義感は強い、かわいい女の子だったんですが、シーズン2のラストまで来るとちょっと怖いです。

まとめ

そんなこんなで、あまり爽快感があるラストではなかったハンドレッドシーズン2ですが、なんだかんだで最後までみてしまったのは何故なんだろうかと思います。

ドラマ全体としてはなかなかに面白いのも理由です。あと総帥がかわいいのも理由です。主人公にちょくちょくイライラしてしまうのも理由かもしれませんね。シーズン1の最初に謎めいた世界観に引き込まれたのもあるかもしれません。

シーズン2をラストまで見てそこまで大絶賛というわけではないハンドレッドですが、見て損はないレベルの作品ではあるんです。



スポンサードリンク