父の日のプレゼントの金額に定番の花と健康グッズ

6月の第三日曜日といえば
父の日ですね。

「今年は何かプレゼントを渡したい
でも父の日に
何かを贈ったことがないので
どうしよう・・・」

そんな悩みを持つ人も多いようです
あなたはどうでしょうか?

この記事はそんな
父の日にプレゼントを
贈った事がない人のための
父の日入門記事です。

初めて贈る時に役立つ
金額の目安や定番の花
オススメの健康グッズについて
まとめました。



スポンサードリンク


父の日のプレゼントの金額

父の日に渡すプレゼントの相場。

これはそれぞれの家庭によって
大きく変わってくるとは思います。

ただ、世間一般の
平均的な感覚としては
3000円から1万円まで
くらいではないでしょうか。

さすがに1000円、2000円は
安すぎると思います

せっかく年に一度
プレゼントするのなら
もう少しお金はかけたいところです。

3000円から1万円くらいであれば
いろいろ手頃なものが買えそうです。

定年退職の年などには
奮発して1万円を超えても
いいかもしれませんね。

父の日定番の花

母の日のカーネーションは
定番の花として有名ですよね

でも父の日というと
「定番の花はなに?」という人も
多いのではないでしょうか。

父の日の花というと
基本は「バラ」です。

バラというのは
アメリカの風習から
来ているようです。

定番はバラですが
もちろん別の花でも
ぜんぜんいいと思います。

バラよりも
家庭菜園で育てる用に
栽培しやすい花や植物も
ありかもしれません。

父の日に健康グッズ

オススメのプレゼンとして
健康グッズはどうでしょうか。



スポンサードリンク


お父さんの健康にも役立ちます
実用的でいいと思います。

例えば「万歩計」「歩数計」
ウォーキングなどに
活用してもらえれば
健康管理に役立ちます。

同じ理由で
体組成計もよさそうです。
単純に体重を測るだけでなく
体脂肪率なども把握できます。

これも一万円以内で
購入できます。

もう少し値段を
おさえたければ
温度計や湿度計はどうでしょうか。

部屋の温度や湿度に気を使う
これも健康管理には
けっこう大事です。

ひざや足腰を
痛めている場合には
ひざなどのサポーターも
嬉しいのではないでしょうか。

これも非常に実用的です。

ただ、サポーターの場合には
サイズを聞いておく
必要がありますね。

まとめ

父の日にプレゼントを贈りたい。

そんな気持ちだけでも
お父さんには
嬉しいのではないでしょうか。

あまり難しく考えないで
役に立ちそうなものを
プレゼントしてあげたら
いいと思います。

プレゼント自体よりも
その行為にこそ
価値があるはずです。



スポンサードリンク