警視庁いきもの係1話の再放送

「警視庁いきもの係 1話 再放送」で検索する人が増えています。大勢の人が警視庁いきもの係1話を見逃して再放送の情報を探しているようです。そんな方のために、「警視庁いきもの係」1話の再放送情報、さらにいますぐにノーリスクで警視庁いきもの係の動画を楽しむ方法を解説していきます。3分後には動画を楽しんでいることでしょう。

警視庁いきもの係1話の再放送

警視庁いきもの係第1話の再放送は2017年7月29日(土)26時20分~27時20分です。深夜ですが1話おさらいスペシャルとなっているので再放送だと思います。時間もちょうど一時間です。

深夜の放送ですが見逃さないようにチェックしましょう。面白かったですよ。

警視庁いきもの係1話の動画は再放送を待たなくてもここでみれます!

実は「警視庁いきもの係」の1話は再放送を待たなくても、ドラマの最後にも紹介があったFODというフジテレビのサイトで視聴できます。このサイトではフジテレビのドラマの見逃し配信をしているんです。当然「警視庁いきもの係」の1話もいますぐに楽しめます。

[PR]

⇨「警視庁いきもの係」1話をいますぐみる!

ネットとかによくある著作権違反の動画はみないようにしてください。公式サイトとは違って視聴する人にもかなりリスクのある方法となります。違法動画はダメです。

ドラマの内容

ドラマは橋本環奈さんがおまわりさん役です。かわいすぎるとネットで話題になっています。

警視庁いきもの係1話のあらすじ

半年前までは捜査一課に所属し、たたき上げの敏腕刑事で「鬼の須藤」と恐れられていた須藤友三(渡部篤郎)は、ある事件で銃弾を頭に受けて損傷してしまう。そのことから、捜査の最前線から外され、捜査一課からもお払い箱になってしまい、捜査一課管理官の鬼頭勉(寺島進)から総務課の係長心得になるように命じられてしまう。

「総務課」というのは一般には存在しない部署であり、警察博物館の中にある部署であった。そこは、逮捕や拘留された容疑者らのペットを一定期間内保護や世話をする部署であり正式には「総務課動植物管理係」という部署で通称「警視庁いきもの係」と呼ばれる部署であった。

総務課についた須藤は、かつて捜査一課で一緒であり、今は事務の田丸弘子(浅野温子)と出会い、立てこもり事件の現場へ行くように命じられる。言われるまま現場に着くと、そこには元同僚で昇進して係長になった日塔始(長谷川朝晴)や、かつての相棒である巡査部長の石松和夫(三浦翔平)や桜井薫(清原翔)らがアパートに立てこもった犯人(蝶野正洋)を説得して投降させようとしている場面であった。須藤にライバル心がある日塔は須藤を見つけて、須藤の現場はこちらではなくあっちだと近くにあった空き地を指さす。言われるままその空地へ行くと、迷彩服を着て防護マスクをして厳重な装備をした薄圭子巡査(橋本環奈)が、配水管に挟まっていて身動きの取れなくなってしまった猫(ティティ)を救出しようとしていた。

一方、アパートでは立てこもり犯が誰かを呼ぶように要求しており、日塔達も誰の事かわからず困惑していた。そこへ、無事猫を救出して猫を抱いた薄と須藤がやってきた所に、犯人が意外な反応をしめす。

ひと段落ついて、いきもの係に戻った二人。よく見ると部屋の中には沢山の動物達が居てその動物たちの世話を薄が一人でしている。今回初めて事件がらみの動物を保護したという事務の弘子に、ここにいる動物達はどうしたのか尋ねると、捨てられている動物などを見ると薄が拾ってきてしまい、それを保護して世話をしているのだという。

薄は動物飼育の専門家で、動物観や水族館でも飼育についての覚えがあるそうだ。そんな中、かつての相棒石松が総務課を訪れ、須藤にある死体遺棄事件についての依頼を持ってくる。捜査一課の仕事ではないのかと尋ねる須藤に石松は事件の解決ではなく、その事件の容疑者がペットを飼っている事がわかったので、そのペットをこちらで保護してほしいという依頼であった。

ペットの環境などを知りたいということで、須藤と薄は事件の詳細を聞いて把握し、容疑者の住むタワーマンションへ向かう。容疑者の部屋へ入ろうとすると部屋の前に四十万拓郎(横山だいすけ)がおり、昔なにかの事件で須藤の下に居た事がありとても尊敬していると浮足立っている。中へ入ると、須藤は部屋の中に妙な違和感を覚える。

一方、薄は別の部屋でペットの鳥を捜す。須藤が薄の元へ違う部屋へ行くと、大きな鳥かごが部屋いっぱいに並んでおり、それぞれの鳥かごに20羽近くいて、約100羽の十姉妹が居た。1羽の手乗り文鳥が沢山の十姉妹に混ぜられているのがおかしいという薄。手乗り文鳥は沢山の鳥のいるカゴに混ぜてしまうと手乗りを忘れてしまうというのだ。

薄は鳥の様子が変だと言い、冷房のない部屋にいて暑くて鳥が可哀想だから、涼しい部屋へ移動させてほしいと須藤に訴える。現場を勝手に動かせないので、仕方なく上の許可を取るように色々聞いてみるという須藤に、薄はお役所仕事だとチクリ。

なんだかんだあって、鳥かごの移動許可がおりたので別の部屋に移そうとすると、その部屋には床に大きな四角い跡があり冷房も完備されている。元々この部屋で飼われていたものではないのかと考える二人。何故わざわざ鳥かごの部屋を移動する必要があったのか、そして一つだけ小さいカゴの跡のある場所、そこが1羽の手乗り文鳥が入っていたカゴの跡ではないかと考える。殺害現場がこの部屋であったと考えた須藤は、早速捜査一課に掛け合ってみるが…

警視庁いきもの係1話の動画「凸凹コンビ」

(30代女性)

見終わってみて

動物好きの人にはたまらないドラマだと思います。日曜日の夜9時放送の時間帯は、家族皆んなで団欒しながら楽しむのに丁度いい時間帯なので、これからが楽しみです。

主役の橋本環奈さんが獣医学部卒の巡査役を好演しています。もう1人の主役の渡部篤郎さんとは、年齢差が31歳だそうですが、凸凹コンビで、どうやってこれから事件を解決していくのか楽しみです。

事務員役の浅野温子さんに注目

事務員役の浅野温子さん扮する田丸弘子が好きです。渡部篤郎扮する須藤友三の過去の経歴(実は捜査1課だった事)を知っているし、何かとムードメーカー的存在が場を和ませ癒してくれています。

橋本環奈扮する薄圭子と須藤友三とのぎこちない間柄を、猫のナオミも手伝いながら、最強のコンビへと導いていく役柄に違いないからです。

圭子の勘の鋭さ

ジュウシマツが大量に1つのケージに飼われている中で、1羽だけポツンと孤独にいたジュウシマツ。この鳥を見て直ぐに、犯人の鳥だと見抜いてしまう圭子の勘の鋭さに先ず驚き、犯人の住む家の奥から、屋根にいた野生のスズメの鳴き声に混じって、メジロの鳴き声を聞き付けるというエピソードは、鳥の習性、特徴を知り尽くした者でないと分からない事柄です。

私もセキセイインコを飼っていた事があるので、少しは鳥の知識があったのですが、もっと、専門的で深い知識が披露されたので、第2話目以降も、色んな意味で楽しみですね!

警視庁いきもの係1話の動画「相乗効果で活躍してほしい」

(30代女性)

見終わってみて

訳ありおじさん警部補と変わり者少女のコンビが面白い。事件のせいで記憶があいまいになっている点など、刑事ドラマにありがちな設定ではあるが、生き物と事件を絡ませる点は斬新だと思う。今後、単なる動物好きに思えた少女の高い推理力とおじさん警部補の経験値の相乗効果で二人が活躍する姿が楽しみ。

また、この物語の主軸となる須藤の事件については本作と通じて少しづつ解き明かされてくると思われるので、捜査一課管理官が隠しているのであろう事件の真相とともに注目したいと思う。

輝くだいすけお兄さん

だいすけお兄さん演じる巡査。今をときめくだいすけお兄さんが輝いていた。

顔の表情や演技が多少大げさな気もするが、キャラが強い俳優の中でも存在感も出ていたので、このままの演技でいてほしい。今後も事件現場に毎回現れる名物巡査になってほしい。

恋愛要素はほぼ無いと思われるが

須藤の元同僚・日塔が薄巡査に好意を持っている様子がほほえましい。物語の主軸が須藤の事件であるため、恋愛要素はほぼ無いと思われるが、ところどころに出てくる分かりやすい態度と表現が緊迫した雰囲気を和ませる要素を持っていると思う。実ることはない恋心とは思うが、見守りたい点の一つ。

警視庁いきもの係1話の動画「環奈さんのキュートダンス」

(30代女性)

見終わってみて

動物がたくさんでてきて楽しかったです。謎解きのテンポもよくて渡部さんと環奈さんのやり取りも面白かったです。エンディングは今流行のキャストの皆さんが踊るものでした。環奈さんのダンスはキュートだったけど、渡部さんも踊るのだろうかとドキドキしながら見ていたら渡部さんもカワイイダンスを見せてくれました。これだけでも、このドラマを見ていた価値はあったと思ってしまいました。

動物のために一生懸命な橋本環奈さん

橋本環奈さんが演じている薄圭子が好きなキャラです。事件のことより動物に興味があって、動物のために一生懸命なところが良かったです。これから、彼女の動物の知識でどうやって事件が解決していくのか楽しみです。

須藤と薄の掛け合い

須藤と薄の掛け合いが好きでした。薄が小鳥のために掃除をしたいといったとき、須藤が「ふ~ん」と冗談を言っても真顔でスルーするところが面白かったです。そのときの2人の表情とか間とかが良くて録画してたら見返してたのにな、と思うシーンでした。

警視庁いきもの係1話の動画「今までにないタイプの刑事ドラマ」

(30代女性)

見終わってみて

今までにないタイプの刑事ドラマだと思います。動物から事件を解決に導くというのが面白いですし、コメディーもあり、推理もありで斬新なストーリーだと思います。動物の生態に関してもちょっとした情報があって面白かったです。

ハイテンションな浅野温子さんがいい

総務課に勤務をしているハイテンションな浅野温子さん。以前は警視庁捜査一課に勤務をしていた、ということですが、それが本当なのかどうか分からないくらいのテンションだったのが面白かったです。突然出てくる感じもいいですし、お茶の時間を待っている感じも面白いなと思いました。

猫のナオミちゃん

猫のナオミちゃん。ナオミちゃんという名前なのに、男の子というのが面白みがあって良かったと思います。第1話では立てこもってしまって、排水管から抜け出せなくなってしまい、保護されましたが、実は近くで起きていた人の立てこもり事件の犯人の飼い猫っていう設定も面白かったです。

まとめ

「警視庁いきもの係」の1話は再放送を待たなくてもドラマの最後にも紹介があったFODというフジテレビのサイトで視聴できます。このサイトではフジテレビのドラマの見逃し配信をしています。

[PR]

⇨「警視庁いきもの係」1話をいますぐみる!

ネットとかによくある著作権違反の動画はみないようにしてください。公式サイトとは違って視聴する人にもかなりリスクのある方法となります。違法動画はダメです。