熱田祭り2016年の日にちと花火の時間と交通規制と前夜祭について

愛知県名古屋市の
熱田神宮の熱田まつり。

愛知にお住いならば
今年も露店や花火など
初夏の風物詩を楽しみたいと
お考えではないでしょうか?

「もちろん今年も行く予定」

そんなあなたのために
今年の熱田祭の日にち
そして肝心の花火の時間。

その他にも
交通規制と前夜祭について
情報をまとめましたので
予定をたてる際の
参考にしてください。



スポンサードリンク


熱田祭り2016年の日にち

2016年の熱田祭の日にちは
6月5日です。

この日は日曜日なので
夜などは人出が多いかも
しれませんね。

熱田祭り2016年花火の時間

一番大事なのが
この花火の時間ですよね。

時間は19時40分から
20時30分までです。

2014年から
この時間に変更になったので
注意してください。

下の動画は
熱田祭りの花火の様子です。

1000発の花火が
打ち上げられますが
やっぱりフィナーレは
素晴らしいですね。

雨天順延

雨の場合は
花火は6月6日に延期されます。
当日の最新情報には
ご注意ください。



スポンサードリンク


花火の見物ポイント

ご存知と思いますが
花火を見る場所については
花火の打ち上げ場所の熱田公園は
立ち入り禁止になります。

白鳥公園がおすすめポイントとして
よく紹介されていますが
まわりもみんな知っていますので
混雑が予想されます。

花火見物の場所どりは
なるべく時間に余裕をもって
探してくださいね。

熱田祭り2016年交通規制

熱田祭の会場周辺には
駐車場が少なく
夜間になると
閉鎖されるところが多いです。

花火を楽しむ場合には
公共交通機関で
現地に向かうことを
オススメします。

電車を使った場合にも
帰宅時の電車は混みますので
帰りの切符も
現地についたタイミングで
購入しておいてください。

電車でのアクセス

熱田祭りの会場へのアクセスは

地下鉄名城線「神宮西駅」
名鉄本線「神宮前駅」
ともに徒歩5分程度です。

熱田祭り2016年前夜祭

前日の6月4日には
前夜祭が行われます。

前夜祭でも露店は出ているので
花火ではなく
露店が目当ての場合には
人が少なめの前夜祭に行くのも
いいかもしれませんね。

まとめ

名古屋の初夏の風物詩
熱田祭り。

こんな早い時期から
花火大会を楽しめるのは
全国的にみても
珍しい部類です。

名古屋近辺に住んでいるなら
ぜひ今年も
楽しんできてください。



スポンサードリンク