土用の丑の日はいつ2015年食べるものは何?なぜうなぎを食べる?

夏になると毎年やってくる
土用の丑の日。

知ってるようで
知らない事が多いイベントです。

そんなことありませんか?

「なんだか夏の行事だけど
よく知らない」

「うなぎを食べておけばいいの?」

「そもそもいつあるの?」

考えてみると
よくわかりません。

そこでこの記事では
土用の丑の日の日付
本当は何を食べればいいのか
なぜみんなうなぎを食べるのか

この疑問について説明します。



スポンサードリンク


土用の丑の日はいつか2015年

2015年の土用の丑の日は
7月24日と8月5日です。

年によっては2日ある場合があり
今年はそれにあたります。

ちなみに土用というのは
土曜日の土曜ではありません。

土用というのは
立春、立夏、立秋、立冬の前の
およそ18日間のことを言います。

と言われてもよくわかりませんよね
つまり昔の暦のことです。

実は一年に4回も土用って
あるんです。

その土用の間に
丑の日が来たら
それが「土用の丑の日」です。

土用の丑の日に食べるもの

土用の丑の日に
何を食べたらいいのか?

「とりあえずは
うなぎだろう」

そんなことを
思ってはいませんか。

うなぎで間違いはないんですが
実は必ずうなぎでないといけない
なんてことは全然ありません。



スポンサードリンク


夏の土用の期間はとても暑いので
それを乗り越えるために
昔の人は元気が出るものを
食べる風習を作りました。

それにくわえて
丑の日の「う」から
「う」のつく食べ物を
食べるようになりました。

つまり夏に元気が出て
「う」のつく食べ物
これが土用の丑の日に
食べるべきものです。

うなぎだけでなく
いろんな食べ物が対象です。

クエン酸たっぷりの「梅干し」
さっぱりした「うどん」
瓜系のキュウリ、すいか、かぼちゃ

うなぎ以外でも
これだけあります。

うなぎ限定のイベントでは
全然ありません。

土用の丑の日になぜうなぎを食べる

土用の丑の日が
本来うなぎ限定のイベントではない
とお伝えしました。

ではなぜみんな
うなぎを食べるのでしょうか。

これにはいろんな説がありますが
有力なのは
「平賀源内が広めた」説です。

江戸時代にうなぎ屋が
うなぎが売れずに困っていた

平賀源内に相談したら
「本日丑の日」と
貼りだすようにアドバイス。

この宣伝がうまくいき
江戸中に広まった。

こういう話です。

つまり江戸時代の
マーケティング戦略です。

それがうまくいって
今もお店が活用しているんですね。



スポンサードリンク