隅田川花火大会の場所取りのコツは?時間と隅田公園と第二会場について

隅田川花火大会と言えば
大変な混雑で有名です。

そのため場所取りをして
ゆったり座って花火を見たい
そんな人も毎年います。

でも、いざ
場所取りをしようとしても
初めてだとわからない事だらけです。

時間はいつからとるの?
場所は隅田公園?
第二会場の方がいいの?
何かコツはあるの?

そんな隅田川花火大会の
場所取り初心者のために
コツをお伝えします。



スポンサードリンク


隅田川花火大会の場所取りのコツ

隅田川花火大会を
きちんと見学するのなら
場所取りは必須です。

現地に普通に見物に行っても
警察の交通整理に従って
歩き続けて見なければならず
落ち着いて見れません。

この交通整理は
混雑状況を考えれば
どうしても必要な措置です。

そこで公園や
開放されている学校の校庭
高速道路の下あたりに
場所をとります。

ビニールシートで
場所取りするのが一般的ですが
この時にコツがあります。

夜中などにいたずらで
はがされることもありますので
可能であれば
誰かが見ておくといいです。

それに周辺には
高いマンションも増えています



スポンサードリンク


何年か前には見えていたのに
今は見えないという場所もあります
周辺の環境には注意してください。

隅田川花火大会の場所取りの時間

場所取りには
どれくらいの時間から
行けばいいのか?

基本的には
その日の早朝が理想です。

昼過ぎからというのでは
遅すぎます。

ただ、それでも人気の場所などは
徹夜組で埋まる場所もあり
そういった場所は
前日からの場所取りが必要です。

会場に近くなると
そういった徹夜でないと無理
という場所が多くなります。

隅田川花火大会の場所取り隅田公園

隅田公園の場所取りは
最激戦区の一つです。

正直おすすめできません。

徹夜組でほぼ埋まる
そう考えておいていいでしょう。

隅田川花火大会の場所取り第二会場

第二会場での場所取り
こちらには少し希望があります。

夕方18時ごろに周辺道路が
交通規制になり
江戸通りと春日通りが
歩行者天国になります。

そこから場所取りが始まるので
比較的に遅くから行っても
なんとかなる場所です。

場所取りして見るなら
このあたりが最適です。



スポンサードリンク