江戸川花火大会の有料席の場所と値段、無料見物の場所取りと見える場所

毎年8月のはじめに開催される
江戸川花火大会。

140万人が見物する
日本有数の花火大会です。

迫力のある花火大会なので
「有料席で見たい」
「でも無料でも充分かも」
とお悩み中の方もいると思います。

この記事では
江戸川花火大会の
有料席の場所や値段
チケットの発売開始時期に
有料席の見所をお伝えします。

そしてそれだけではなく
無料で見るための
場所取りや見える場所の情報を
お伝えします。

有料席で見るのか
無料で見るのかを決めるために
ご活用ください。



スポンサードリンク


江戸川花火大会の有料席の場所

江戸川花火大会の有料席ですが
こらは江戸川区側ではなく
市川側に有料席があります。

場所でいうと
打ち上げ場所からは
江戸川を挟んだ
対岸になります。

大洲防災公園から
江戸川に向かって進んだ
川岸です。

江戸川を挟んでいても
距離はほとんどありませんので
まさに特等席となります。

いい場所で見ようとすると
毎年苦労するのが場所取りです
そんな苦労をしないで
いい場所で見物できます。

江戸川花火大会の有料席の値段

値段については
座る場所によって
値段が変わるシステムです。

定員が4名の桟敷席は
1マス18000円。

ペア席は1シート10000円

1名用の椅子席は
一席が6000円です。

チケットは「チケットぴあ」での
販売となります。

チケットの販売開始は
6月末からの予定となっています。

江戸川花火大会有料席の見所

わざわざ有料の席を買う
そこまでする
江戸川花火大会の
有料席の見所はなんでしょうか。

一番の見所は
5秒で1000発の
オープニングではないでしょうか。

これは江戸川花火大会の
大きな特徴です。

このオープニングを
特等席で見る
それだけでも有料の
価値はあります。

その後も8部構成の
さまざまに趣向をこらした
花火の連続です。

ここまでいろんな工夫を
している花火大会は
全国的に見ても
なかなかありません。

特等席で見る価値ありの
大会だと言えます。

【オープニングの様子】



スポンサードリンク


江戸川花火大会の場所取り

有料席がいい
という話をしました

ただそれでも
やっぱり無料でみたい
そんな場合も多いと思います。

無料で見物すると
江戸川花火大会の
良さが味わえないのか?

実は
そういうわけでもありません
無料は無料で
楽しむことができます。

ただその場合には
ある程度見えるところで
場所取りを成功させる必要が
出てきます。

お金がかからない変わりに
場所取りの工夫が
必要になってくるわけです。

打ち上げ会場にも
無料席があります。

ただ打ち上げ会場や近辺で
無料で見物したいのなら
当日はお昼すぎには
現地に行っている必要があります。

14時くらいです。

これくらいの時間に行けば
場所取りできる場合が多いです。

もちろんその年の
状況にもよるので
この大丈夫な時間は
毎年前後します。

江戸川花火大会の見える場所

無料で見る場合には
打ち上げ会場以外も
もちろん見えます。

見える場所としては
江戸川の河川敷で
JR総武線の鉄橋から
京葉道路の間。

このあたりは
知れ渡っている
見物スポットです

ただ、河川敷は広いので
どこかしらで
見ることはできます。

篠崎公園も広い公園で
打ち上げ場所のすぐそばなので
ぜっこうの見物ポイントです。

ただこちらは
花火が始まる直前に
着くようだと
場所取りは厳しいかもしれません。

打ち上げ場所から
一キロほど北ですが
「小岩緑地」は
おすすめのスポットです。

篠崎公園のように
場所がないという状態ではなく
ある程度の余裕があります。

一キロほど離れていても
花火はかなり大きく見えて
絶好の見物ポイントです。

【小岩緑地】

まとめ

有料席で見るか無料で見るか
迷うところですが
どちらを選んでも
素晴らしい花火大会なので
楽しんできて下さいね。



スポンサードリンク