筋肉痛が30代で1日遅れできたときの対策

筋肉痛いやですよね。

仕事してても不快だし
気にしたくないと
思えば思うほど気になります。

スポーツとかの筋肉痛なら
まだいいですけど
仕事での筋肉痛とか
ほんと嫌ですよね。

特に30代になると
長引いたり1日遅れで来たり
10代20代の頃より
面倒な印象があります。

この記事では
そんな30代の筋肉痛に
どう対策すればいいのか
お伝えします。



スポンサードリンク


筋肉痛と30代

30代になってからの筋肉痛
目立った印象としては
長引くのと
1日遅れなどで出る時間差
ではないでしょうか。

20代までなら
気にしてなかったんですが
どうも最近気になります。

30代になってから
ぐずぐず続く筋肉痛が
嫌になった
そんな人が周りにけっこういます。

あなたはどうでしょうか?

ただ実は
この長引いたり
1日遅れで出る現象には
対策があります。

正しい筋肉痛対策をすれば
そんなに鬱陶しいものでは
ないんですね。

1日遅れで出る理由と対策
長引かせない対策
それぞれを具体的に
お伝えします。

筋肉痛が1日遅れの理由

運動すると
筋肉痛が1日遅れで来る
あるいはもっと遅れる。

これを年齢のせいだと
思っている人は多いですが
実は違うんです。

意外ですが
年齢のせいではなく
生活習慣のせいなんです。

どういうことでしょうか。

これはなぜかというと
運動で筋肉にかける
負担が強ければ
激しい筋肉痛がすぐに出る

逆に軽い負担だと
しばらくたってから
少し軽めの筋肉痛が
出てくる

こういった
筋肉の仕組みがあるからです。

つまり普段運動していない人は
体を使っても
弱い負担しか筋肉にかけません
すぐにバテるからです。

だから弱い負担を
かけるだけになります。

結果として筋肉痛も
少し弱めのものが
遅れて出てくる
というわけです。

筋肉痛が遅れて出てくるのは
年齢ではなく
普段の運動不足が原因です。

たしかに30代になると
あまり運動しなくなります。

対策としては当然ですが
20代のころのように
ある程度の運動を
定期的に行うことです。



スポンサードリンク


こうすることで
筋肉痛が1日遅れで出るような
体にはなりません。

筋肉痛への対策

では長引く筋肉痛への対策は
どうすればいいでしょうか。

そもそも筋肉痛というのは
一度壊れた筋肉が
再生している過程です。

運動して筋肉痛になり
再生して筋肉が増える
この過程でやるべきことは
再生の手助けです。

それこそが
長引く筋肉痛への
正しい対処法と言えます。

そう考えた時に
効果的な休息こそが
一番大事だとなります。

たんなる休息ではなく
再生のために必要な
栄養を補給した
効果的な休息です。

効果的な栄養というのは
タンパク質とアミノ酸です。

これをしっかりと摂取して
そして休息する。

この休息で一番大事なのは
睡眠です。

睡眠時の成長ホルモン
これが大事です。

こうすることによって
体の自然治癒力を
最大限に引き出して
回復を早めます。

タンパク質とアミノ酸
この栄養をとるのに
役立つのはプロテインです。

プロテインというと
ムキムキになるために
飲むものという印象が
あるかもしれませんね。

ただ、回復のために
役立つ栄養を補給する
という面もあるわけです。

ちなみに
私が利用しているのは
こちらです。

アミノバイタル、
何がいいかというと
プロテインとアミノ酸が
両方入っているところです。

それにプロテインというと
水や牛乳にとかして
調理しないとダメですが
これは飲み物と一緒に
そのまま飲むだけなので手軽です。

それにレモン味があります
プロテインの
独特の味が苦手なので
これは気に入ってます。

30本入りを1袋おいておき
運動のあとは1本飲んで寝る
やっていることは
それだけです。

まとめ

いかがでしたでしょうか
何かと鬱陶しい30代の筋肉痛。

理由がわかれば対策も明確です
栄養をとって休息する
普段から運動を心がける
単純なのでお役立てください。



スポンサードリンク