宇治観光コースは宇治茶と平等院に塔ノ島と橘島に源氏物語ミュージアム

京都の南に位置する宇治
宇治川や平等院などの観光スポット
それに宇治茶で有名です。

この記事では
宇治にはじめていく人のための
宇治のいいとこ取りができる
観光コースをお伝えします。

ひと通り楽しんでも
観光スポットが
近い場所に集まっているので
1日あれば充分堪能できます。



スポンサードリンク


宇治観光の基本コース

宇治にいくとすると
JR宇治駅か京阪宇治駅が
スタート地点になります。

アクセスの便利さから
JR宇治駅を
利用する人が多いので
ここをスタート地点とした
観光コースです。

京阪宇治駅をご利用の際は
駅を出て右手にある
宇治橋を渡れば
このコースにすぐに入れます。

JR宇治駅

宇治橋通り商店街の
中村藤吉本店

平等院

塔ノ島と橘島

宇治神社、宇治上神社

源氏物語ミュージアム

これが基本の流れになります。

宇治茶とお菓子

JR宇治駅の南側出口を出て
そのまま横断歩道を渡ると
宇治橋通り商店街です。

宇治橋通り商店街に入ると
その真正面に
中村藤吉本店があります。

まずはここで休憩がてらに
宇治茶を味わってください。

石臼で自分で抹茶を挽く
挽き茶が人気です。

その後は生茶ゼリイと
自分で挽いた抹茶を
いただきます。

抹茶と抹茶スイーツを
普通に喫茶店として
いただくだけというのも
もちろんできます。

いずれにせよ
まずはこの中村藤吉本店で
宇治茶を味わって欲しいと思います。

ただ、京阪宇治駅からだと
少し歩くことになります。

それが面倒な場合には
宇治橋を渡ったら
そのまま平等院に
向かってください。

宇治橋から平等院の間にも
多くの宇治茶関連の
喫茶店などがあります。

そこで食事にしても
いいと思います。

抹茶と抹茶スイーツは
いろんなお店で楽しめます。


宇治の平等院

つぎは
宇治橋通り商店街を抜けて
平等院に向かってください。



スポンサードリンク


10円玉の裏側に描かれている
鳳凰堂のあるところです。

平等院自体は
そこまで広大ではないですが
鳳凰堂の複雑な造形は
一見の価値ありです。

さらに平等院で
ぜひ行ってほしいのは
平等院ミュージアム鳳翔館です。

ここには
多くの国宝が展示されており
間近で見ることができます。

十一面観音立像などの仏像を
間近で見ると感動します。

それにミュージアム自体が
和と近代が融合したような
建築物としても見事なもので
見ごたえありです。

宇治の塔ノ島と橘島

平等院を出ると
宇治川に向かってください
塔ノ島と橘島に
橋で行くことが出来ます。

この島自体には
特に何もありませんが
島からの周囲の景色が
とても美しいんです。

宇治川の中からの景色を
楽しんでください。

宇治神社と宇治上神社

宇治川を渡り切ると
宇治神社と宇治上神社が
すぐそこにあります。

この2つの神社も
歴史が古く
見ておいてもらいたい神社です。

ただ平等院のように
ミュージアムが
あるわけではないので
そんなに長居することには
ならない場所ではあります。

宇治の源氏物語ミュージアム

最後は源氏物語ミュージアムです
ここはその名の通り
源氏物語をテーマにした
ミュージアムです。

当時を再現した展示や
宇治十帖をテーマにした
オリジナルの映像作品を
20分ほど見ることもできます。

ちなみにこの
源氏物語ミュージアムの
すぐ近くに伊東久右衛門という
お店があります。

抹茶スイーツが有名で
抹茶生どらやき
抹茶パフェに抹茶だいふくなど
とても美味しいです。

宇治観光の最後は
このお店で
美味しいスイーツと抹茶を
味わって欲しいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか
宇治の観光コース。

もちろんこのコースとは違い
自由に歩いても
楽しめる場所です。

平等院周辺は観光スポットが
近場に集約されているので
見て回りやすいと思います。

ぜひ一度
お越しください。



スポンサードリンク