口の中をやけどしやすい食べ物と早く治す方法と何科?

熱い食べ物を食べると
口の中をやけどします。

そうなると
何かを食べたりすると
そのたびに痛くて
ちょっと不快です。

この口の中のやけど
しやすい人がいるんですが
あなたはどうでしょうか。

この記事では
防ぐ方法と早く治す方法
もし病院に行くなら
何科がいいのかをお伝えします。



スポンサードリンク


口の中をやけどしやすい食べ物

口の中をやけどすると言っても
いつもしているわけではなく
しやすい食べ物があります。

例えば
かにクリームコロッケ、
中のクリームが予想以上に
とても熱かったりします。

グラタンも中がすごく熱くて
口に入れたのを
後悔した経験がありませんか。

中が熱いといえば
たこ焼きもけっこう危ないです。

トンカツのような
熱々のころものある食品
これも要注意です。

意外に伏兵ですが
クロックムッシュのチーズが
すごく熱くて
口の中をやけどしたことがあります。

こういうものを食べる時には
注意して食べるのが
まずは基本の対策です。

いきなり口に入れる前に
温度をチェックしましょう。

ちょっとだけ食べてみて
熱さを確認するのは必要です。

確認できれば
口に入れた後で
慌てることもなく
冷ますことが出来ます。

そして空腹時には
特にやけどしやすいので
注意してください。

勢い良く食べて
実はすごく熱かったとか
経験があるかもしれませんね。

空腹時には
そんなふうになりやすいです。

そしてもう一つ
意識しておいてほしいのは
電子レンジです。

電子レンジで温めると
温度にムラが発生しやすく
一部は冷たくて一部はすごく熱い
そんな場合があるからです。



スポンサードリンク


電子レンジで温めた後は
混ぜるなどして
この熱さのムラに
対応する必要があります。

やけどしやすい料理の際には
余計に注意してください。

口の中のやけどを早く治すために

口に中のやけどは
多くの場合には数日で治ります。

その期間はちょっと不快ですが
体の他の部分と比べても
やけどが早く治りやすい場所です。

それでも
より早く治すためには
やることがあります。

まずは
やけどをした時にやることです。

冷たい水を用意して
口の中を冷やしてください。

やけどは冷やすのが基本です。

氷があるなら
氷を口に入れるのも
大切な対策となります。

あとは状態が
改善するまでの間です。

その間はなるべく
熱いものや硬いものは
痛くなるので控えましょう。

その他の対策ですが
やけどにはビタミンCが
いいと言われています。

そのため私は
ビタミンC入りの
サプリメントを
飲むようにしています。

ただ、サプリメントは
どれだけ影響があるのかは
不明なので
気休め程度だと考えています。

口の中のやけどは何科?

口の中のやけどで
心配な場合には
病院に早めに行くことを
オススメします。

その時に
口に中でやけどだと
何科がいいかわかりませんよね。

何科に行くかは
やけどの場所にもよります。

口の中のやけどだと
一般的には耳鼻咽喉科です。

ただ歯茎などであれば
歯医者に相談するのも
考えてください。

まとめ

口の中のやけど
なるとほんと不快ですよね。

なるべくなら
やけどしないように
お互い事前に
気をつけたいものですね。



スポンサードリンク