ねぶた祭りの開催地と日程は?運行ルートと楽しみ方と見る場所は?

青森最大のお祭りであり
日本を代表するお祭のひとつ
ねぶた祭り。

日本人なら一度は行ってみたい
そんなお祭りじゃないでしょうか。

この記事ではそんな
ねぶた祭りに関する情報を
一度も行ったことのない
初心者向けにまとめました。

開催地や最寄り駅
日程と運行時間に運行コース
楽しみ方や見所に
見物場所は予約席か立ち見か

はじめて見物に行く
そんな時の参考にしてください。



スポンサードリンク


ねぶた祭りの開催地と最寄り駅

ねぶた祭りは
青森県の中心地である
青森市の市街地で開催されています。

最寄り駅は青森駅で
駅から会場へは
徒歩で10分と近いです。

ねぶた祭りの日程と運行時間

開催されている日程は
曜日に関係なく毎年同じで
8月の2日から7日です。

2日と3日は子供ねぶたがあり
7日には花火もあります。

ねぶたの運行時間は
19時から21時です。

最後の7日だけは
昼の13時から15時に運行して
夜に花火と海上運行となります。

ねぶた祭りの運行ルート

運行ルートは青森駅の東側に
四角形のコースが
車道に設けられます。

ねぶた祭りの運行ルート

ねぶたはルート上に待機しており
開始時刻に一斉に動き出します。

ねぶた祭りの楽しみ方

ねぶた祭りの楽しみ方としては
20数台のねぶたの運行です。

誰でもテレビなどで
一度は見たことがあると思いますが
あの独特のねぶたを目の前で見る
これが醍醐味です。

特に大型のものになると
迫力が違います。

なんとも言えないあの風情と
荘厳な迫力。

【現地の様子】

そしてねぶたと一緒に練り歩く
ハネトの人々。



スポンサードリンク


ハネトはそれ用の正装があれば
自由参加ができるので
楽しそうに参加している人達が
大勢います。

いかにも日本のお祭り
といった感じで
いい雰囲気なんです。

この雰囲気とか風情とか
ねぶたの迫力とかは
実際に現地で見ないと
伝わりきりません。

ねぶた祭りの楽しみ方は
実際にその場に行く
これが一番大事だと思います。

ねぶた祭りの見学場所は立ち見か予約席か

実際に現地に行って
見学する時に迷うのが
立ち見か予約席の
どちらで見るかです。

ねぶたが車道を運行するので
予約席は歩道に設置されます。

距離も近く席も確保できるので
可能であれば
予約席がおすすめです。

値段としても一人が2600円と
そんなに高くはありません。

せっかく現地までいくのであれば
予約席をとっておきたいものです。

ただ予約席で一番の問題は
値段ではなく売り切れです。

人気があるので
席がすぐになくなってしまいます。

申し込みは4月中旬より
開始されています。

予約される場合には
早めの申込みを
おすすめします。

もし予約席が
とれなかった場合には
どうなるでしょうか?

その場合にも
予約席と同じように
運行コースの歩道から
見ることになります。

歩道は
予約席で全て埋まっている
わけではないので
あきを見つけて立ち見します。

混雑するので
少し見にくいですが
間近で見ることは出来ます。

立ち見だからまったく見えない
そんな事はありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか
ねぶた祭りに関して
初心者さんのための情報を
まとめました。

見物に行かれるさいには
混雑はしますが
いいお祭りですので
楽しんできてください。

ねぶた祭りでホテルがない場合の宿泊施設はここ。野宿はさけたい



スポンサードリンク