三原やっさ祭り2015 花火の時間、花火フェスタプログラムと見える場所

中国地方を代表する三原のやっさ祭り。

数千人の踊り手たちが「やっさ、やっさ」と独特の掛け声と踊りで行進する様は古き好き日本の伝統が今に息づいています。

踊り手の人達はみなさんいい顔で踊ります。

そしてそれ以上に人気なのが花火フェスタの打ち上げ花火です。海上の台船の上からの花火は芸術的です。

この記事ではそんな三原やっさ祭りの花火フェスタの日程や時間、花火にこめられたテーマやプログラム、観覧会場に見える場所をお伝えします。

三原やっさ祭りの花火大会に行く時にお役立てください。



スポンサードリンク


三原やっさ祭り2015年の花火

2015年の花火は8月9日(日)に打上げられます。三日間行われるやっさ祭りのフィナーレを飾ります。

多少の雨なら決行しますが天候が荒れた場合には順延ではなく中止となります。

三原やっさ祭り花火の時間

花火の打上げ時間ですが20時00分〜20時45分です。

打上げの発数が5000発なので打上げの時間も長時間というわけではありません。

三原やっさ祭りやっさ花火フェスタのプログラム

三原やっさ祭りの花火にはテーマが決められており、きちんとしたプログラムが組まれています。

三原の春夏秋冬をテーマとしています。桜が素晴らしい春、お祭りで賑わう夏、紅葉の秋、柳の花火で表現する三原の冬。



スポンサードリンク


海上での打上げ、テーマ性のあるプログラムがあいまって風情のある芸術性の高い花火大会になっています。

実際の花火の様子はこちらの動画のような形です。海上での打上げの様子が見事です。

海面に映る低空の花火がとても美しいです。打上数や派手さを追求するのではなく独特の演出をこらした花火は大変貴重です、それぞれの花火に込められたテーマをしっているとより深く楽しむことが出来ます。

三原やっさ祭り花火の観覧会場と見える場所

観覧会場は打上げ場所のすぐ近くのJR糸崎駅南側と糸崎港1号・2号岸壁に設置されます。

また正式な観覧会場ではありませんが、よく見える場所として三原の道の駅が人気のスポットです。JR糸崎駅の1キロほど北側と距離的にも離れておらず、また小高い山にあるために見晴らしの良さは抜群です。そのため人気があり混雑が気にならない人のための場所です。

三原の道の駅からは少し離れますが糸崎神社の周辺も絶妙なポイントとして知れ渡っています。

いい場所で見るには混雑は覚悟しなければいけません、また当日は交通の混雑も予想されるためなるべく公共交通機関を利用するようにして花火見物をすることをおすすめします。



スポンサードリンク