松江水郷祭湖上花火大会2015日程と時間と見物スポットに打ち上げ場所と交通規制

島根県最大級のイベントである松江水郷祭湖上花火大会、島根を代表するイベントです。

たんなる「多くの花火が打上げられる花火大会」ではなく、湖上での連続斜め打ちに代表されるように花火の打上げ方や演出に特徴のある花火大会です。

独特の花火大会のためファンも多いので一度は現地で見てみたいそんな人も多いと思います。見物客は毎年30万人という多さです。

この記事では松江水郷祭湖上花火大会に初めて行くという人のために、特徴的な花火を楽しむために知っておくべき情報をお伝えします。

2日に渡って開催される2015年の日程や時間、見物スポットと打上げ場所についてです。



スポンサードリンク


松江水郷祭湖上花火大会2015日程と時間

松江水郷祭湖上花火大会は少し変わった日程で2日にわたって開催されます。

2015年は8月1日(土)と8月2日(日)です。

開催時間は8月1日(土)が20時から20時30分

二日目の8月2日(日)が20時から21時です。

一日目が3000発、二日目が6000発と合計で9000発の予定です。

8月1日(土)が中止になると8月2日(日)にまとめて9000発が打上げられます。

悪天候時の予備日は8月8日(土)です。

松江水郷祭湖上花火大会の打ち上げ場所

打上げ場所は宍道湖で湖上の台船2台からの打上げとなります。

湖上での打上げの様子です。連続斜め打ちされた花火が湖の上を覆い尽くすようになっており幻想的です。

湖の上での開催という環境、そして連続斜め打ちという独特の打上げ方によって、特徴的な打ち上げ花火になっています。



スポンサードリンク


湖上をうめつくす花火を現地で間近で見ると感動ものです。

松江水郷祭湖上花火大会のスポット

ある程度の規模の花火大会に行く場合には見物スポットをあらかじめ把握しておくことが重要になります。

特にこの松江水郷祭湖上花火大会のように大変人気のある大会なら、見物スポットの把握はより大きな影響を持ってきます。

花火はよく見えるけど混雑が大変なスポット、比較的に余裕のあるスポットと紹介してきます。

混雑するスポット:末次公園

花火大会の本部もある場所です。場所取りは花火大会開始の何時間も前から始まります。

ブルーシートであたり一面が覆われる激戦区です。

混雑するスポット:千鳥公園

こちらも混雑するスポットです。場所としては申し分ないのですが場所取りがあるので早めに現地に入ってください。

比較的余裕があるスポット:白潟公園

打上げ場所には近いですが公園自体が広いので比較的余裕があります。

ただ比較的余裕があるとはいっても混みはしますので早めの到着は必要です。

宍道湖はすぐ前なので場所が良ければ湖面にうつる花火も見ることができます。

比較的余裕があるスポット:松江警察署辺りの湖岸

打上げ場所からは少し離れますが松江警察署あたりの湖岸も遮蔽物がなく見やすい場所です。

嫁ヶ島がすぐそばに見える位置です、このあたりまでくれば混雑は若干は解消されています。

松江水郷祭湖上花火大会の交通規制

毎年30万人もが訪れる人気の大会のため花火大会の日には交通規制が行われます。

1日目も2日目も車両通行止めがあり、遅いエリアは23時まで行われています。

自家用車ではなく、できるかぎり公共交通機関をご利用することをおすすめします。



スポンサードリンク