親子関係が悪化したときの仲の悪い原因と改善策

大人になって実家ぐらし、そんな時によくある悩みが親子関係です。

この記事はそんな親子関係に悩む実家ぐらしの大人のための関係改善のためのアドバイスです。

目次この記事に書かれている内容は…

親子関係が悪化

独身で実家ぐらしであれば親子関係が悪化するというのはよくある話です。

指図されて嫌だなとか、大事な家族のはずなのにいつも喧嘩してしまうとか、そんな状態ではありませんか。

親子関係が悪い原因

大人になって親子関係が悪化するにはいくつかの典型的な原因があります。

その原因のため喧嘩になったり仲が悪いということになります。

1つ目は身近な存在なので遠慮がなくなるという原因です。

そのせいで他人なら我慢できることも、すぐに怒ってしまい口論になったりします。

そして2つ目の原因は、親に対してこうあるべきだという考え方を持っていることです。

例えば「独身の自分の気持ちをもっとわかって配慮してほしいい」とか、親に本当はこうしてほしいという願望です。

「この人はこうあるべき」という気持ちがあり、そのとおりではない現実に苛立っているということです。

「両親は自分に対してこう接するべき」と思っている。それなのに腹の立つことを言ってくる。

これが喧嘩してしまう原因ではないでしょうか、心当たりはありませんか?

親子関係の改善

もし上記のような原因に自分があてはまる場合にはどうすればいいでしょうか。

まず最初の改善策として知っておいてほしいのは、いくら腹を立てても人を変えることはできないということです。

私達はいつも自分以外の人間を「こう変えたい、変わってほしい」そんなふうに思っています。

ただこの気持ちはあまりうまくいくことはありません。

自分以外の人を変えたいと思うのではなく、相手はこういう人間なんだと「受け入れる」事が大切です。

自分の両親はこういう小言を言ってくるんだと受け入れるということです。

そうするとかなり楽になります。

人を変えることはできないので受け入れるということを試して下さい。

自分の考えに当てはめて、そこからずれることについて怒っていたのではないか?

そう考えると両親のいうことも受け入れられる場合があります。

そうはいっても「どうしてもうまくいかない」そう感じてしまう場合はどうしたらいいでしょうか?

そんな場合は、実家にいてもんもんとするよりいったん家を出てみるのもありだと思います。

実際にやってみると結構すっきりしますし、クールダウンすることで両親との関係も改善する場合があります。

家を出るのは何も悪いことではありません。

大人になって親と喧嘩ばかりになる、こちらのほうが親不孝ではないでしょうか。

よく喧嘩をしていても少し距離をとってそれから何年かたつ。当時の事を思い出すと親は自分の事を思ってくれてたんだと気づくこともできます。

時間と距離を置くことで感謝する気持ちになれることもあります。これもひとつの改善策ではないでしょうか。

今現在、ストレスがたまって嫌な気持ちかもしれません。何があろうとそれがずっと続くかというとそういうわけでもありません。

悩みの元から自分を引いて距離をおいて見てみると大事な事に気づけたりもします。

時間や物理的な距離が解決してくれることは、結構あるものです。

実際に家を出て一人で生活してみる、その際に一点だけ注意したいのは最初からあんまりお金をかけないことです。

一人暮らしをしようとして家具などを買い込むと金銭的な理由から一人暮らしを長期間維持できません。

結局お金がないから実家に戻るという事になりかねません。特に実家を出たことがない人はこれをやりがちです、注意してください。

ではどうすればいいのかは人それぞれですが、私が実際にやってみてよかった方法があります。

賃貸マンションを探す時は「家具付きの物件」を選ぶことです。こうすると一人暮らしを開始する初期費用がかなり浮きます。他にもキャッシュバックや敷金礼金ゼロを狙うのも安くあげるために有効です。

私が引っ越しの時に使って便利だった賃貸マンションのサイトがあるので紹介しておきます、このサイトです。



インターネットの便利な機能を使って安くすませるのが一人暮らしを始めるさいのコツです。