お盆の新幹線指定席の予約開始は?グリーン車は割に合うか?

お盆の新幹線、里帰りや旅行に行く人で大変な乗車率です。通勤ラッシュの満員電車ほどではないですが長時間立ちっぱなしの人も大勢出ます。

毎年混雑する新幹線を快適にすごすために指定席やグリーン車の活用を考える方も多いと思います。

この記事ではお盆の新幹線の指定席の予約開始時期やグリーン車がわりにあうのかどうかについてお伝えします。



スポンサードリンク


お盆の新幹線は指定席を予約すべき

お盆の新幹線は指定席を予約すべきです。

実際に経験のある人はわかると思うのですがかなり混雑します。通勤電車のように「混雑するけど数十分の我慢」というわけではなく数時間かかります。

東京から京都まで混雑した新幹線で立って帰省したことがありますが、それだけで疲れました。

お盆の帰省や旅行は移動してからが本番なので新幹線での移動だけで疲れ果てているともったいないです。

新幹線は最低でも指定席の予約はするべきです。

新幹線のお盆の予約開始

指定席を利用するとして大事なのはきちんと予約するということです。お盆に当日駅に行って指定席に空きがあることはほぼありません。

お盆に指定席を利用するなら事前予約は必須です。

では新幹線の予約開始はいつなのでしょうか、普段から指定席を予約していないとちょっとわかりずらいと思います。



スポンサードリンク


指定席が予約できるのは1ヶ月前からです。朝の10時から予約ができるようになります。

つまりお盆の1ヶ月前の7月の段階で指定席券を購入できるということになります。

そしてお盆の2週間や3週間前になると空きがどんどんなくなります。

できることなら1ヶ月前の週に席を確保しておいてください。いったん席が埋まってしまうと、あとはキャンセル待ちするしかなくなります。

新幹線のグリーン車をお盆に使うべきか

新幹線のグリーン車、快適ですごせるだけではなく予約も通常の指定席よりも埋まるのが遅いです。

東京から京都の移動で何度か使用しましたが、東京と京都の間で片道5千円ほど高くなります。

この5千円を高いと感じるかどうかは人それぞれですが満員電車状態の自由席とは別世界です。

一人ひとりの席も広くてゆったりしています。グリーン車にのって疲れたということは、まずないと思います。

新幹線での移動の後に予定があるなら、その予定のためにグリーン車で体力を温存するのも割りにあう選択です。立ち乗りがないだけでも全然変わってくる上に、広々していてリラックスまで出来ます。

それにグリーン車は一度乗ってみるとちょっとした贅沢気分で楽しいです。グリーン車に慣れてしまうと出費がかさむので注意は必要ですが。



スポンサードリンク