朝仕事行きたくない朝起きれない吐き気もするそんな場合の対策

仕事が嫌で朝起きるとつらい、仕事に行きたくないしそれが原因で起きれない。状態が悪くなると吐き気もする。

仕事をしているとそんな辛い状態になる事もあります。

この記事ではそんな状態で悩んだ時の対策をお伝えします。



スポンサードリンク


朝仕事行きたくない

朝起きた時に仕事に行きたくないと思う。どれくらい嫌かにもよりますが何かしらの対策をこうじたほうがいい状態です。

会社で嫌なことがあるとか、辛い状況にいるなどで朝から落ち込んだ気分になる事があります。

そんな場合の一番簡単な対策は姿勢をグッと伸ばすことです。斜め上を向いて、顔は笑顔にして、背筋をシャキッと伸ばして、バンザイかガッツポーズをとってみます。心と体はつながっているので軽い落ち込み気分ならこれで解消されます。

この対策でも気分に変化がない場合にはかなり精神的にまいっています。そんな時には会社に行くのに変化をつけるのもおすすめです。例えば通勤の路線や経路を変えて出勤してみるというのがあります。

これはいつもの通勤風景と嫌な気分が頭の中でリンクしている場合もあるので、それを避けるために違う経路で会社に行ってみます。これだけでも気分が随分楽になって出社できる人もいます。

あとは仕事や会社や自分の置かれた状況の悪い部分にばかり意識が向いていないかチェックしてください。落ち込んでいる時には殆どの人が悪い部分ばかり意識して自分を追い込んでいます。

自分の仕事や状況にも良い点があるじゃないかと気づけるだけで気分が前向きになります、試してみてください。

仕事に行きたくないので朝起きれない

朝起きられない、この状態にもいくつかの対策があります。

まずは寝る前です。寝入る前に嫌なことばかり考えて眠りにつくと体と心が休まりません。朝の目覚めを良くするには寝る前に楽しい事を考えながら眠りにつくことがポイントです。



スポンサードリンク


考える事は妄想でもなんでも結構です。自分が楽しくなるような内容のイメージをしつつ眠ってください。そうすると目覚めが変わります。

悩んだりしながら眠りにつくのは避けてください。

そして朝ですが強制的に起きる方法もあります。枕元に歯磨き粉をつけた歯ブラシをおいておき、朝起きるとまずそれを口に入れます。

そうすると洗面所に行かざるをえないので起きることになります。かなり強引な手段ですが役に立ちます。

起きられない場合には両方を試してみてください。

朝仕事のストレスのせいで吐き気がする

朝から仕事のストレスのせいで吐き気がする。こんなふうに体にまで影響が出たらかなり問題です。

精神的なダメージは最初は心の内だけですが体にも影響が出てきます。

ここまでくるとかなり辛いと思います。もちろん辛いことを乗り越えるのも仕事です。ただ、本当に乗り越えてこの先も今の仕事をやっていくのか、あるいは別の生き方を模索するのか。自分の働き方や生き方を見直すきっかけにすることもできます。

体にまで影響が出ているということは心からのメッセージとも言えます。今の生き方が辛いので変えて欲しいというメッセージかもしれません。

世の中は広く、仕事も会社も生き方もおそらくはあなたが思っているよりもずっと幅広いはずです。

そこまで朝が辛いなら、一度自分のこれからを見直すのもいいかもしれませんね。見直す場合にはプロに相談するのも大切です。