木更津港まつり花火大会のスポットまとめ海ほたると混雑しない場所の情報も

木更津港まつり花火大会は2015年は8月15日の19時15分から約1時間にわたって開催されます。

木更津周辺では最大級の花火大会のため人でも多く人気の大会です。そのため花火を見るためのスポットも混雑が多く、行ったことがない人が初めて行って楽しむには予備知識が必要です。

この記事では木更津港まつり花火大会をはじめて楽しむ人のためのおすすめスポット情報、海ほたるのでの見物や混雑しにくい場所についてお伝えします。



スポンサードリンク


木更津港まつり花火大会のスポット

木更津港で打上げられる花火大会なので、打上げ場所に近いスポットは迫力のある花火を見ることができます。ただ、その分混雑は覚悟しなければなりません。

木更津港まつり花火大会の有料席(木更津港内港公園)

木更津港まつりの花火大会には有料席が用意されています。打ち上げ会場からは近く、迫力のある花火をみるにはもっとも適したスポットとなります。

有料席なので事前に席を購入しておく必要があります。そのうえ自由席なので前の方に陣取るには花火が始まる数時間前に現地に行く必要があります。

開場が16時30分なのでその時間に行けば最前列の確保も可能です。ただ、打上げ場所にとても近いのでそこまで最前列にこだわらなくても充分迫力のある花火を体験できます。

有料席は通常は3000席ほどあるので、満席になって座れないということはあまりありません。

太田山公園

打上げ場所から近い公園です。公園内に無料展望台もあり夜景も綺麗な人気のスポットです。

小高い場所から花火を見たい人には最適ですが、人気のスポットなので当然打ち上げ会場のように混雑します。



スポンサードリンク


吾妻神社

ここも地元では知られた見物スポットです。打上げ場所からほど近いので花火の迫力は味わえます。

木更津港まつり花火大会を海ほたるで

海ほたるのパーキングエリアから木更津港まつりの花火大会を見ることはできます。ただ、見えてもあまり迫力はありません。

海ほたるからの景色と花火の組み合わせが魅力だと思う人には最適です。

ドライブがてらに花火見物するなどの楽しみ方がありそうです。

【海ほたるから見た木更津港まつり花火大会の様子】

木更津港まつり花火大会で混雑しにくいスポット

木更津港まつり花火大会ほどの大会で混雑を避けるにはある程度距離をとる必要があります。

そう考えると木更津から少し離れている、袖ヶ浦あたりが狙い目です。

おすすめするのは袖ヶ浦海浜公園です。袖ヶ浦駅からも少し遠くて交通は不便です。そのため人もそんなには大勢こないスポットになっています。

迫力のある花火よりも、ある程度すいている環境で花火を楽しみたい人には最適です。



スポンサードリンク