五山の送り火2015年の日程と開始時間は?交通規制と混雑は?

夏の京都の風情ある五山の送り火には大勢の人が見物に行きます。

この記事では今年2015年の日程と五山それぞれの点火開始時間。そして交通規制と混雑の状況について見物に行く人のための情報をお伝えします。



スポンサードリンク


五山の送り火の2015年の日程

2015年の五山の送り火は8月16日(日)の開催です。

五山の送り火の開始時間

開始時間はそれぞれ5つの場所で少しずらして開始されます。5分から10分の間隔で順次点火していきます。

「大文字」が20時ちょうどから
「松ヶ崎妙法」が20時5分から
「舟形万燈籠」が20時10分から
「左大文字」が20時15分から
「鳥居形松明」が20時20分から

それぞれの時間はあくまでも点火開始の予定時刻です。少し早まる事もあるかもしれないので、最低でも30分前には見物スポットに到着しておきたいところです。混雑した中で場所を探すにも少し時間は必要です。

【五山それぞれの様子】

五山の送り火の交通規制と混雑

大勢の見物客が予想されるので毎年交通規制が行われます。



スポンサードリンク


人が大勢来る場所である金閣寺や渡月橋の周辺が19時から21時の間は歩行者天国になります。歩行者にとっては便利ですが車の方は注意してください。

そして混雑の状況ですが金閣寺や渡月橋以外にも今出川通や西大路通なども混雑します。今出川大橋などは有名な見物スポットなので人が大変多いです。

鴨川の河川敷や御所など場所が広い所を狙うと少し落ち着いて見物することができるでしょう。

混雑の様子がわかるように当日の京都を撮影した動画をご紹介します。動画を見てもわかりますが混雑はしています、ただ見物できるエリアが広いために一部のエリア以外では花火大会や祇園祭ほどの混雑ではありません。

【混雑の様子】

まとめ

大勢の人が見物に行く五山の送り火、日程や時間を間違うともちろん楽しむことはできませんが、自分にあった最適な見物スポットを知っておくことも同じくらい必要なことです。

五山の送り火の鑑賞スポットの詳しい説明はこちらをご覧ください。



スポンサードリンク