目黒のさんま祭り行列に並ぶ時間を最短にする方法は?雨天の時の対策は?

毎年9月に開催されるJR目黒駅東口の目黒のさんま祭り、毎年大変な混雑で長い行列が有名です。

もちろん炭火焼きのさんまは絶品でそれが無料で食べられるのだから並ぶ価値はあります。ただそうは言っても待ち時間はできるだけ短くしたいですよね。

そこでこの記事では目黒のさんま祭りには行くけど、行列にはあまり並びたくない人のための待ち時間を短くする方法と万が一雨が降った際の対策についてお伝えします。



スポンサードリンク


目黒のさんま祭りの行列

目黒のさんま祭りの行列をうつした動画です。動画の最初のほうに映っていますがすごい行列ですね。

数千匹のさんまが配られますが人が多すぎて昼過ぎにはさんまの炭火焼きは品切れになってしまいます。

それだけさんまが美味しくて人気があるということなんですが、この行列だけは何とか攻略したいものです。

目黒のさんま祭りで並ぶ時間を短くする方法

並ぶ時間を短くする方法はひとつだけしかありません。並び始める時間を早くすることです。



スポンサードリンク


目黒のさんま祭りは10時開始のイベントですが10時に行っても長蛇の行列です、最低でも9時には現地に行って並ぶ必要があります。

もちろん9時より早く行けるなら、それに越したことはありません。品切れになる前にメインイベントである焼きサンマを手に入れるためにも、これくらいは早く現地に行くようにしてください。

目黒のさんま祭り雨天時の対策

目黒のさんま祭りは雨天の時も開催するのが基本方針です。そのため雨天なら雨の中で行列に並ぶということになります。

ただ雨の中で長時間行列に並ぶのはあまりオススメできません、肌寒いですし思っている以上に疲れます。

そんなときは人気のある焼きサンマはあきらめて、他の食品に変更しましょう。

例えば会場ではさんま関連の別の食べ物も無料で配布されています、さんまのつみれ汁なんかは人気です。それぞれの年で品揃えは変わるかもしれませんが焼きサンマだけということはありません。

雨の時には無理して並ばずに、他にも美味しいさんま料理が食べられることを知っておいてください。

まとめ

目黒のさんま祭、都会のど真ん中で開催される人気のお祭りです。さんまは絶品です楽しんできてください。



スポンサードリンク