熱中症に屋内でなる原因と対策と効果的な予防

夏になると熱中症に注意しないといけません、そして外だけではなく意外に危ないのが屋内での熱中症です。

この記事では屋内での熱中症の原因と対策や予防の方法をお伝えします。



スポンサードリンク


熱中症に屋内でなる原因

熱中症の原因は気温が高く体温を調整することがうまくできなかったり、水分や塩分のバランスが崩れる事です。

屋内でそんな状態になる事も充分考えられます、危ないのは気温が高くて湿度の高い日です。特に急に暑くなった日などは注意が必要です。

環境による原因

屋内でも特に熱中症になりやすい環境というのがあります、例えばお風呂場や洗面所などは温度も高くなりがちで湿度も当然高いので長時間の作業には注意が必要です。他にも注意するべき環境というのが2階建ての2階などの最上階です、屋根が熱せられるので下の階よりも室温が高くなります。こういった室内で注意するべき環境というものを知っておいてください。

体調による原因

そしてもう一つの原因が睡眠不足や体調不良です。体が弱っていると熱中症になりやすいので注意が必要です。体調管理をきちんとする、もし体調が悪ければ熱中症に注意するようにしてください。

生活習慣による原因

生活習慣も熱中症の原因になります。普段の生活で水分をあまり取らない人、暑くても節約のためにクーラーをなるべく我慢する人、お茶やアルコールをよく飲む人です。お茶やアルコールには利尿作用があり水分不足につながります。

年齢による原因

年齢によっても熱中症になりやすい状態があります。幼児や乳児は体温調整が大人ほどうまくできないので注意が必要です。そして高齢者も体力が落ちていますし体の中の水分の割り合いが下がっているために注意が必要です。



スポンサードリンク


熱中症の症状

ちなみに熱中症の症状は以下のとおりです。症状が出てきたら無理せず病院に行くことも考えてください。
・筋肉痛
・手足がつる
・めまい
・倦怠感
・嘔吐
・頭痛
・ふらふらする
・体温が高い
・意識障害
・呼びかけへの反応が悪い

熱中症の屋内での対策と予防

クーラーで対策

屋内での予防や対策ですがまずはクーラーや扇風機の使用です。節約のためになるべく使わないというのはいい心がけですが熱中症になってしまってはしょうがありません、特に急に暑くなった時期にはこれを心掛けてください。

水分補給で対策

熱中症の予防にはスポーツドリンクがいいです。塩分のバランスも大切なので単純に水よりもスポーツドリンクの方がオススメです。

特にこの水分補給は普段あまり水分を取らない人、お酒やお茶などの利尿作用のあるものを多く取る人に意識してほしいポイントです。

そして体調不良などで食事を抜いている人も注意して下さい、食事には実は水分補給の効果もあるんです。食欲がなくて食事をとっていない時にはその分の水分補給ができていないとわかっておいてください。

体調管理で対策

熱中症が心配されるような時期の不摂生はいけません、寝不足だと体力が低下した状態になります。風邪をひいてしまった場合には寝続けていたりして水分補給をしていなかったり、または体力が低下していたりするのでより注意してください。夏とはいえ風邪をひかないように手洗いうがいはしっかりしましょう。

まとめ

熱中症は悪化すると命の危険もある怖い病気です、症状が出たら無理をせず休むか病院に行くかを心掛けてください。特にふらふらする、体温が高い、意識障害、呼びかけへの反応が悪いなどの症状はかなり悪い状態です、自分や周りの人がそうなった場合には一刻も早い対策が必要になりますので覚えておいてください。



スポンサードリンク