花火大会での熱中症の原因と対策と予防

花火大会といえば夏の風物詩ですね。ただ夜に開催されるとはいえ夏の花火大会には熱中症の危険がつきまといます。

そこでこの記事では花火大会での熱中症の原因と対策や予防についてお伝えします。

せっかく楽しみに行くのですから、しっかりと対策をとって安全に楽しんでほしいと思います。



スポンサードリンク


花火大会で熱中症になる原因

熱中症の原因は体温が高くなりすぎる事や水分塩分のバランスの崩れです。花火大会でそんな状況になるにはいくつかのパターンがあります。

場所取りが原因の場合

花火大会をいい場所で見ようとすると場所取りがありますよね、この時に日差しの強い昼間から現地に行って場所を確保する場合もあります。熱中症は強い日差しにさらされ続けるとリスクが高まりますので、場所取りしようとした際の熱中症に注意してください。

また、昼間から場所取りをしない人にもやはりリスクはあります。夜から行ったとしても夏なら暑いはずです、そんな状況でいい場所を探そうと歩きまわると熱中症の危険があります。夜とは言え夏場は暑いですので油断は禁物です。

水分塩分不足が原因の場合

熱中症の原因として水分と塩分の不足があります。花火大会では飲み物を買おうにも近くに売っていないような見物場所もあります。そんな時は事前に用意するなどして水分不足にならないように気をつけてください。

また、アルコールとお茶にも注意が必要です。アルコールとお茶には利尿作用があって場合によっては水分不足にもつながります。アルコールやお茶を飲んでいれば大丈夫とも言えないのでこの点も知っておいてください。



スポンサードリンク


体調が原因の場合

花火大会だと普段はあまり外に出歩かないインドア派の人も夏の野外を歩きまわるということになります。そんな場合には冷房になれた体が急に暑い環境に長時間おかれると熱中症などを引き起こしやすいんです。普段から暑さに慣れていない人はその分注意してください。

そして、体調が悪い人も熱中症のリスクは高まりますので、寝不足や体調が悪い時には無理して花火大会にはいかないように心掛けてください。

年齢が原因の場合

体温調整が大人のようにうまくない乳児などは熱中症になりやすいので子供連れの場合には気をつけてください。またお年寄りも体の中の水分が少ないので熱中症のリスクがありますので注意が必要です。

花火大会の熱中症の対策と予防

定期的に涼むことが対策

花火大会に行って歩きまわるような場合には体温が上昇するので注意が必要です。花火大会の会場などでもコンビニなど冷房の効いている場所も時々あります、そういったところで定期的に涼むのも大切です。

水分補給での予防

熱中症の対策には水分補給が大切です、それも適度に塩分を含んだものがオススメです。そのため花火大会に行った時に飲むものはスポーツドリンクが最適です。お水でもいいですがそれだと塩分不足は補えません。もちろん利尿作用のあるアルコールやお茶は避けるようにしてください。

体調管理で予防

花火大会に行く前には睡眠を充分とるなど体調管理をしっかりとしてください。睡眠不足の状態で花火大会には行かないように心がけましょう。

服装で対策する

服装は通気性のいい服を着て、うちわなども積極的に活用しましょう。こまめな体温調整を心掛けてください。

まとめ

夏の風物詩である花火大会、熱中症対策を充分にして安全に楽しんできてください。



スポンサードリンク