赤面症に手術は必要?病院に行かない克服法

何かのきっかけで顔が赤くなってしまう赤面症。自己嫌悪に陥ったりするので、なんとか出ないようにしたいと悩んでいる人が大勢います。

いろいろ悩んでみて最終手段にと病院で手術を受ける人もいます。ただ、そこまでしなくても改善が期待できる克服法はあります。まずは手術なしの方法をおすすめします。



スポンサードリンク


目次この記事に書かれている内容は…

赤面症の手術

まず赤面症を改善するための手術とはどんなものでしょうか。あまり日本では馴染みがありませんが赤面症に関係すると言われている神経を切断する手術です。

内視鏡などを使い神経を電気メスで切断して、交感神経の過剰な緊張を防ごうというものです。

ただ神経を切るとなるとちょっと躊躇しますし、背中やお腹などに汗をかきやすくなるという影響が出る場合もあります。そして実際には手術はしたけどもあまり改善はしなかったという人もいます。

こういった事情からまずは手術以外での克服法をおすすめするわけです。

赤面症の病院に行かない克服法

病院に行かない赤面症の克服法としては考え方や感情のコントロールで赤面症が出ないようにするというアプローチがあります。原因が精神的なものであれば最適なアプローチ方法です。

そのためにはまず最初に知っておくべきことがあります。それはあなたの赤面症を周りの人達がどう見ているかということです。

例えばあなたが人前で赤面すると大変な自己嫌悪を感じると思います、そして自分の赤面を見た人が自分をダメな人間だと思っていると思い込んではいないでしょうか。



スポンサードリンク


しかし実際のところはどうでしょうか、多くの人はあなたが赤面するところを見ても「緊張してるんだな」とちょっと思うだけであって、あなたをダメな人間だと思ったりあなたへの評価を下げたりしているわけではありません。

赤面が出るとダメな人間だとか情けない人間だと思っているのは実は赤面症の人だけなんです、まずこの事実から知っておいてください。つまりあなたが赤面したとしても、あなたは本当は何も失うわけではありません。顔が赤くなるのが大変なことだと思い込んでいるのは実はあなただけです。

赤面症が出たとしても何も失わない、そう思うとちょっと気が楽になりませんか。そしてより赤面症に対して気が楽になる方法があります。その方法とは心の中で「赤面症が出てもいい、顔が赤くなっても何も失わない」と自分に言い聞かせてください。これが病院に行かない克服法となります。

赤面してもいいと自分に言い聞かせるタイミングは赤面しそうな時です。いつもはそんな時は「赤面しちゃだめだ、顔が赤くなっちゃダメだ」と一生懸命に心の中で叫んでいたと思います、ただそう心の中で叫べば叫ぶほど逆効果なんです。赤面しちゃダメだと思えば思うほど赤面を意識してしまい赤面します。緊張しちゃダメだと思えば思うほど、緊張するのに似ています、人の心はそういった仕組みになっているんです。

いつもは「赤面しちゃだめだ」と焦っていたそんな時に「顔が赤くなってもいい」と心の中で言うと気分が楽になり顔が赤くなることに意識が集中しなくなります。これにより精神的な原因による赤面症をうまくコントロールしていくわけです。

まとめ

この克服法は慣れてくるとだんだんとうまく出来るようになってきます。手術を受ける前に病院に行かない克服法を試してみてください。



スポンサードリンク