お月見はいつ?2015年の日にちは?楽しみ方は?

昔からの風習であるお月見、なんだか趣があり風情のあるものが好きな人には気になるイベントではないですか?

ただ、最近ではお月見をやる人も少なくなりよく知っている人が減ってきました、例えばいつやるのか、2015年はいつやるべきなのか、そして現代ではどう楽しめばいいのか。

そんなお月見が気になるけど詳しくは知らない人のために大事な基本情報をお伝えします。



スポンサードリンク


お月見はいつ?

お月見はいつやるのか、答えは「中秋の名月」に行うです。「十五夜」と呼ばれる事もある日です。

お月見2015年はいつ?

「中秋の名月」が現在ではいつを指すのか、それは年によって変わります。

2015年では9月27日です。

この日が正しいお月見の日となります。

お月見の楽しみ方

現在においてお月見はどう楽しめばいいのでしょうか。



スポンサードリンク


お団子をお供えしてススキを飾るのが基本的なやり方です。他にも里芋、さつまいも、ぶどう等も正しいお供え物となります、こういうものを飾りながら月を眺めているのがお月見の過ごし方となります。

それだけではなく元々の意味を知ればさらにお月見を味わう事もできます。昔は「秋の収穫の時期に自然の恵みへの感謝を捧げる日」という意味がありました、昔の人はお供え物をして月を眺めながら神様に感謝していたんです、とても慎ましくて謙虚な風習です。

慎ましい風習なので馬鹿騒ぎよりもしっとりと過ごす方が楽しみ方としては適しています。現代の生活では多くの人が自然の恵みなんて忘れて暮らしています、それを思い出し風情のある時間を過ごすのもいいのではないでしょうか。

最後にお月見の時に見たい動画をご紹介します。古き良き日本の風景や音楽がいい雰囲気です、ライトアップされた平等院鳳凰堂が美しいです。



スポンサードリンク