部下の指導のポイント信頼される心がけ

部下を指導する、会社員でもバイトであったとしてもそんな立場になることがあります。

そんな時にどんなポイントを心がけると信頼されていい関係を築けるのか、あるいは部下にうまく指導できるのか。

今回は私が大事だと考えているポイントの一つです。



スポンサードリンク


部下の指導のポイント

部下の指導のポイントは無理やりではなく信頼関係を大事にしながら部下のモチベーションを引き出しつつの指導が大事です。

部下を持つ立場に慣れていないと偉そうにしがちです、ただそれでは相手もあまり言うことを聞いてはくれません、また嫌々仕事されても効率も悪いですし高圧的な接し方はいい方法とはいえません。

では信頼関係を維持しつつもきちんと指導もできるにはどうすればいいでしょうか。一つの答えとしては普段からの信頼関係構築を大事にするということがあります。

指導する状況以外の普段の仕事や雑談の中で人と人としての信頼関係を築いておけば指導をしても受け入れてくれます。この普段の接し方に大事なポイントがあるのでそれがこの記事のテーマです。



スポンサードリンク


部下の指導で信頼されるための心がけ

部下の指導で信頼されるための心がけ、これは一言で言えば「部下の情報ではなく感情を理解する」ということです。

具体的に説明すると部下を情報で理解するというのは「どんな資格を持っているか」「どんなスキルを持っているか」「どんな学歴か」「どんな家族構成か」といった外見的な履歴書にあるような情報で部下を理解しようとするということです。

こういった接し方の上司に対しては「理解してくれている」とは感じにくいのが人情です。「なんだかわかってくれてないな」「あまり気にかけてはもらえてない」こんなふうに感じてしまいます。

では逆に感情で理解するというのはどんな感じでしょうか。「こういうのが好きでしょ」「こういうのが嫌いでしょ」「こういう時に大人しくなってしまう」「こんな時は頑張れる」などなど部下の感情面の特徴を把握するということです。

自分の気持ちや感情をわかってくれている、これは上司部下だけではなく人間関係全般で大事なことです。これをポイントとして心がけて部下と接すると普段からいい関係を築け指導も信頼関係を維持しつつ行えます。

ぜひおぼえておいてください。



スポンサードリンク